【6月12日開催無料ウェビナー】リモートでワークショップやイベントを大成功させるための秘訣第2回

リモートで様々なイベント・ワークショップを実施している方々をお招きし、「リモートでイベントやワークショップを企画・進行するためのテクニック」を存分にお伝えします。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

リモート化が急速に進みつつある中、日々のコミュニケーションや仕事だけでなく、アイデア出し・議論などのワークショップ等を行う場合にも、リモート化せざるを得ないケースが増えています。
本ウェビナーでは、リモートで様々なイベント・ワークショップを実施している方々をお招きし、具体的なケース・事例を紹介いただくことで、「リモートでイベントやワークショップを企画・進行するためのテクニック」を存分にお伝えします。(4月30日に行った第1回が300人の参加&大好評だったので、第2回も開催いたします!)

セミナー日時

6月12日(金)16:00~17:30
(1人あたり10~15分程度でプレゼン予定。質疑応答時間もあります!)

 

こんな方にオススメ!

  • リモートでワークショップをする必要があるが、経験がなくて不安
  • リモートでチームビルディングをしたいが、効果的なやり方がわからない
  • リモートで会議・議論を盛り上げるコツが知りたい

内容&登壇者

リアルを超えるオンラインワークショップのデザイン ver.1.5
第1回での登壇内容をさらにパワーアップしてご紹介いただきます!

PLAYWORKS株式会社 代表
タキザワ ケイタ

オンラインワークショップデザイナー・インクルーシブデザイナー・プロジェクトファシリテーター / 新規事業・組織開発・人材育成など、企業が抱えるさまざまな問題や社会問題に対して、ワークショップを実践して解決へと導きます。筑波大学 非常勤講師・青山学院大学 ワークショップデザイナー育成プログラム 講師・LEGO® SERIOUS PLAY® 認定ファシリテーター
https://keitatakizawa.themedia.jp/

15年間のワークショップ体験から感じた対面とリモートの違い

WAKUTOKI (NPO申請準備中) 代表
相内 洋輔

リクルート(株)、(公財)東日本大震災復興支援財団を経て、2018年にワークショップデザイナーとして独立。人が自分の意図に沿って自由に前進できる世界の実現を目指して、自己探究の機会を提供している。(株)Pallet、 Slow Innovation (株) ワークショップデザイナー / 青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了 / LEGO® SERIOUS PLAY® 認定ファシリテーター
相打さんのWebサイト:http://workshop-design44.com/  

オンラインイベント開催でのしくじりから学んだ10のやるべきこと(仮)

サイボウズ株式会社
篠原 愛美

デザイナー・猫イラストレーター。サイボウズでkintoneという製品をアメリカに広める・デザインチームを強くする活動に取り組んでいます。プライベートワークではネコ型クリエイティブユニット・necotonecoのデザイン&猫イラスト担当としても活動中。necogairuというWebマガジンを共同運営しています。
https://necogairu.com/

(もう1名の登壇者を募集&調整中)

申込みはこちら(無料)

こちらからご応募ください。
https://content.members.co.jp/?column=remoteworkshop20200612

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]