WordPressユーザーの約6割がバージョンアップをしていない理由

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「WordPressユーザーの約6割がバージョンアップをしていない理由」を公開しました。

###

事例取材担当 菱沼です。

さて今回は株式会社アクティビティジャパン様が運営される体験・レジャーの予約サイトの事例をご紹介します。

こちらのサイトではWordPressをカスタマイズして利用しており、速度改善のための改修や、バージョンアップするための調査・検証に工数が割けないという状況でした。

ご存じの通り、速度はGoogleの評価にとって重要な要素の一つです。またこれまでの記事で何度か紹介した通り、脆弱性への対策を行わずに放置することはセキュリティ上のリスクが残ったままになります。

同社はその状況を改善するためにKUSANAGIの導入を決定しましたが、導入したことでどう変わったのでしょうか。WordPressのバージョンに関する統計も併せてご紹介します。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3628

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]