KUSANAGIがRuby on Railsに対応してる件(Rails KUSANAGI事例)(菱沼佑香氏)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「KUSANAGIがRuby on Railsに対応してる件(Rails KUSANAGI事例)(菱沼佑香氏)」を公開しました。

###

事例取材担当 菱沼です。
先日、Ruby on Rails6.0が公開されたというニュースがありました。
Rubyと言えば、1995年に日本人によって開発されたプログラミング言語です。Rubyが発表された後、2004年にRubyを利用してWebアプリケーションの効率的な開発を可能としたフレームワーク、Ruby on Railsが海外で開発されました。このフレームワークの登場によって、Ruby
は本格的にアプリケーション開発言語として広く認知されるようになりました。
それ以降、RubyはPHPやPerl、Pythonといった言語と比較されながら、長い間、根強い人気を保ち続けています。
さて、そんなRubyにKUSANAGIが対応していることをご存知ですか?

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3303

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]