採用サイトに注力する中小企業が増えている理由

今回の記事では、採用サイトの必要性とそのメリットについてご紹介します。 目次
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

労働人口の減少が叫ばれるなか、新卒採用の求人倍率は依然として売り手市場の状況が続いています。優秀な人材を確保するために、採用活動に一層の工夫が求められる現在。大手企業に限らず、中小企業も、自社のコーポレートサイトや求人メディアとは別に「採用サイト」を運営し、採用に関わる情報を積極的に発信するようになりました。今回の記事では、採用サイトの必要性とそのメリットについてご紹介します。

 

目次

就活ポータルサイトだけでは人が集まらない?

自社採用サイトをつくるメリット

  1. ミスマッチを防ぐ
  2. 自由にコンテンツを企画できる
  3. あらゆる媒体から集客可能
  4. 採用にかけるトータルコストを削減
  5. 社内外に向けた企業ブランディング

まとめ

続きは下記リンクから↓(全文無料)

採用サイトに注力する中小企業が増えている理由

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]