コラム > グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第59回 カナリアリリース支援サービス「Canary Analysis Service」(パート2)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「コラム > グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第59回 カナリアリリース支援サービス「Canary Analysis Service」(パート2)」を公開しました。

###

2019年5月
はじめに
 前回に引き続き、2018年に公開されたエッセイ「Canary Analysis Service」を元にして、Google社内で活用されているカナリアリリース支援サービス「Canary Analysis Service(CAS)」を紹介します。
 前回は特に、ユーザー(アプリケーション開発者)視点でのCASの利用方法を説明しました。ユーザーがモニタリング情報の取得先を登録すると、具体的なモニタリングの項目やカナリアリリースが安全であることの判定基準は、CASが自動判別する仕組みになっています。今回は、このような自動化を実現する、CASの内部アーキテクチャーを紹介します。
CASの内部アーキテクチャー
 CASを構成する内部コンポーネントは、図1のようになります。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai259.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]