「Googleが62億円の制裁金を受けたGDPR。日本企業は対象外へ。」

EUとの関係が悪化したらすぐに復活しそうなので、今のうちにGDPRは対応しておいたほうがいい件。
よろしければこちらもご覧ください

吉政忠志氏のコラム最新号「Googleが62億円の制裁金を受けたGDPR。日本企業は対象外へ。」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
2016年に発効され、2018年に施行され、Webマーケティングの分野において大いににぎわったGDPR(EU一般データ保護規則)という規則があります。

GDPRは欧州経済地域から第三国または国際機関に個人データを移転する場合は所定の手続きが必要になり、これに違反すると制裁金がかけられるという規則です。

この制裁金を課す本気度合いが高いので、昨年はあちこちで話題になりました。

GoogleもGDPRに戦々恐々としており、GoogleAnalyticsでもGDPR対策として過去の個人情報を推測できるようなデータは削除することをユーザに推奨したりといろいろやっていました。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2019/01/23/gdpr%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]