ダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」、Criteo広告のプロスペクティング配信(Criteo Customer Acquisition β版)を提供開始~従来のリターゲティング機能に加え、サイト未訪問の潜在顧客に対してCriteo広告の配信が可能に~

フィードフォースが提供するダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」において、Criteo広告のプロスペクティング配信の提供を開始いたしました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2018年7月4日、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」は、Criteo広告において、サイト未訪問の潜在顧客に対して配信可能なプロスペクティング配信機能(Criteo Customer Acquisition β版)の提供を開始いたします。これにより、リターゲティングだけではなく、サイト未訪問の潜在顧客へCriteoダイナミック広告の配信が可能になりました。

プロスペクティング配信機能(Criteo CustomerAcquisition β版)のイメージ

プロスペクティング配信機能(Criteo CustomerAcquisition β版)では、Criteoが横断的に集約・分析した膨大なオンライン上の消費者行動データに基づき、商品を購入する可能性が高い新規顧客を特定しパーソナライズされた広告を配信します。新規顧客が最も高い関心を示す商品を予測して広告配信することで、興味関心が顕在化していない新規顧客を効率的に獲得することが可能になります。また、プロスペクティング配信機能(Criteo CustomerAcquisition β版)のリリースにより、サイト未訪問の潜在顧客獲得から既存顧客活性化までフルファネルでの広告配信が可能となりました。
なお、プロスペクティング配信機能(Criteo CustomerAcquisition β版)は現在EC業界向けのみの機能となります。※β版につき、実施にあたって審査がございます。詳細はお問い合わせください。
 

ダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」について

フィードフォースでは、ダイナミック広告に特化した広告運用サービス「Feedmatic」を提供しております。Criteo・Googleダイナミック広告・ショッピング広告・Facebookをはじめとするダイナミック広告配信に対応しており、データフィードの構築から広告の配信・最適化までを一貫して行うことで広告効果の最大化を実現します。
Criteo広告の運用、データフィード最適化についてお気軽にご相談ください。
サービスサイト:https://jp.feedmatic.net/

 

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先> 

株式会社フィードフォース 
担当:宮崎、金井
TEL:03-5846-7016(受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く) 
FAX:03-3834-7666
URL:https://www.feedforce.jp/
E-mail:pr@feedforce.jp

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]