「コンバージョンに繋がりやすいフォームの作成方法」

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー 森下竜行氏のコラム最新号が鈴与シンワートで公開されました。

「コンバージョンに繋がりやすいフォームの作成方法」

###

皆さんはウェブサイトの申し込みフォームや購入フォームの途中で「もういいや!」とフォームを離脱した経験はありませんか?
私を含め結構な割合の方が該当するかと思います。

実はフォームページでの平均離脱率は70%以上と言われております。

今回はユーザーが離脱しないフォームにするためにはどうすればいいか紹介していきたいと思います。

1.項目を精査する。

人がファーストインプレッションが大事と言われているようにフォームページについてもファーストインプレッションが大事です。

ファーストビュー内に項目数が収まっていないと必然的に項目数が多いと認識してしまいフォームを離脱してしまう傾向にあります。項目がファーストビュー内で収まれば入力項目から送信ボタンまで見渡すことができ、入力作業がどれだけ必要かわからないという一瞬の不安と、スクロールの手間を減らすことができます。

各項目が本当に必須かどうかきちんと精査することで離脱を防ぎましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/morishita04/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]