Google Test my siteに見る3G回線基準でUXを考えよう

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

吉政忠志氏のコラム「S-Port活用コラム」の最新号が公開されました。

「Google Test my siteに見る3G回線基準でUXを考えよう」

###
少し前に、GoogleがTest my siteというWebサイトのパフォーマンス測定ツールを出しています。当たり前ですが、表示速度が遅いと、閲覧者はイライラして離脱してしまいます。それ故に、高速化が必要ということなのですが、Googleは今回のTest my siteにメッセージを込めているように思えます。

それが3G回線です。

Test my siteを実施すると、3G回線での速度計測がされ、その結果が表示されます。

今時、3Gは使わないよねー。という方も多いと思いますが、Googleは数年以内にモバイルネットワークの70%が3G回線程度のパフォーマンスしか出ないと予測し、Test my siteを3G回線基準で測定しています。と、表示することが予想されます。

本当にそうなるかわかりませんが、モバイル端末が増えて、データ量が増えていく中で、回線がボトルネックになることが容易に想像できます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column39/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]