※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
Rails市場コラム「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」がトランスネットで公開されました。
 
###
先日、「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」というニュースが目に飛び込んできました。
 
ちなみに私はアジャイル開発信者ではないため、全てのシステム開発をアジャイル開発で行うべきとはおもっていません。適所適材で様々な開発手法で臨めばよいと思います。ただ、多くのシステム開発はアジャイル開発で対応できますし、そして、そのメリットは大きいと思います。
 
アジャイル開発のメリットを簡単に説明すると以下のような内容だと思います。
 
アジャイル開発のメリット 一例
・短納期で開発できる
・開発コストの適正化が期待できる
・プロジェクトの柔軟性の高さ(要件変更への対応の強さ)
・お客様要件から成果物のブレが少ない
 
このようにメリットがあるのは、アジャイル開発がお客様とコミュニケーション頻度を上げ、開発しながら確認していくスタイルだからです。
 
(この続きは以下をご覧ください)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]