IoTプラットフォームはどこが覇権をにぎる ?

IoTプラットフォームはどこが覇権をにぎる ?
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

IoTは事例の紹介やセキュリティに関する議論などさまざまな記事をメディアでは取り上げられ続けていますが、最近、目につくようになってきたのが「IoTプラットフォーム」。IoTの活用シーンや狙う市場によってさまざまな範囲をカバーするIoTプラットフォームを各社が提案しています。アマゾンのAWSやマイクロソフトのAzureなどのクラウドメーカ提供のものだけでなく製造業向けのものをファナックが提供したり、発電所の運営向けに東京電力の関連会社が提供するもの、最近ではNECやソフトバンクもIoTプラットフォームを発表している。
IoTビジネスのステージがプラットフォーム競争のステージにはいってきたのか? オンラインメディアの記事をピックアップして紹介します。

IoTプラットフォームはどこが覇権をにぎる ?

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]