【KUSANAGI for ConoHa事例】ドラフト会議ホームページ/年に一度の900万PVに耐えきることができるウェブサイト

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「【KUSANAGI for ConoHa事例】ドラフト会議ホームページ/年に一度の900万PVに耐えきることができるウェブサイト」を公開しました

あなたは高校野球派?プロ野球派?どちらでしょうか。

「高校野球の涙あり、笑いありの人間ドラマ溢れるところが好き!」

だったり、逆に

「プロ野球の緻密に洗練されたスキルの攻防が好き」

だったりと好きな理由は分かれ、

ついついどちらかの試合にだけ特化して見てしまうこともあるのではないでしょうか。

どちらも見ていて面白いと思うのですが、やはり好みは分かれるイメージがあります。

そんなすべての野球ファンが年に一度注目する祭典があります。

それが毎年10月に行われる、「ドラフト会議」です。

ドラフト会議とは?ドラフト会議が始まった背景

毎年10月に行われるドラフト会議とはどのようなものなのでしょうか。調べてみました。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_1002

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Advanced Search
「より高度な検索」のこと。「絞り込み検索」「検索オプション」と表現されることも多 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]