【リスティング広告】Lisketで、関連キーワードを見つける使い方の紹介

リスティング広告の総合支援ツールLisketで、関連キーワードを見つける使い方の紹介します!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんにちは! 気がつくと3月も終わりに近いですね! Lisket事務局の佐藤です。 今日は、リスティング広告運用者であれば大好物な『関連キーワード』を探すときにお役立ち情報を仕入れてまいりました!

流れ

まずはLisketに登録(2周間お試し期間無料!)そしてアクセス

既にLisketに登録・ログイン済みの方はこちらからアクセス! (※まだ登録が済んでない方は2週間無料登録!こちら

キーワードシミュレーションにアクセス

こちらのリンクからキーワードシミュレーションにアクセスして下さい。 そして、実作業。 今回の場合『不動産』に関連するキーワードを探したいとします。 その場合、以下のように作業をします。

  1. 基準キーワードに『不動産』を入力
  2. 除外キーワードに『不動産』を入力
  3. 『キーワード候補を取得』ボタンをクリックしてデータを取得

するとどうでしょう!!結果が出力されます!

結果

合計100の『不動産』に関連するキーワードが洗い出されました! 以下は抜粋した結果です!

私の中ですと、不動産に関連するキーワード『物件探し』『アパート探し』などはすんなり出てきませんのでこのツールは役に立ちますね!

まとめ

世にキーワードツールは多くありますが、今回のように自分だけでは連想できないキーワードを発掘してくれるツールは良い使い道があるのではないでしょうか! 以上、Lisketの裏技的使い方のご紹介でした!

全ての機能が2週間無料お試しできる!Lisketへの登録はこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]