【Twitter広告のデータ出力に対応】リスティング広告の総合支援ツールLisketがTwitter広告とAPI連携を開始しました!

この度、LisketはTwitter広告との連携に対応し、API連携を行ったレポートの出力、ダッシュボードの出力に対応しました!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

API連携機能のツールにて Twitter広告とのAPI連携を開始しました。

この度、LisketはTwitter広告との連携に対応し、API連携を行ったレポートの出力、ダッシュボードの出力に対応しました! Twitter とのAPI連携をご利用いただくには、Twitter API利用設定 および Twitter アカウントの Lisket への登録 が必要です。アカウントの登録方法についてはサポートサイトをご覧ください。 http://support.lisket.jp/294/

APIレポート作成でTwitterレポートに対応

APIレポート作成 で、Twitter レポートが出力できるようになりました。 レポート設定画面のテンプレート欄で「Twitter定型_前月」を選択してください。

ダッシュボードでTwitterに対応

ダッシュボード のパネルに Twitter のデータを表示できるようになりました。

予算管理パネル

パネル編集画面で Twitter アカウントを選択してください。

キャンペーンサマリ

パネル編集画面のパネルテンプレート欄で「キャンペーンサマリ(Twitter)」を選択してください。

 

Lisketへの登録はこちらから

Lisketはすべての機能が2週間無料お試し可能です!
無料お試し登録はこちらのLPから
https://lisket.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]