海外Railsコラム『Rails 5で追加されたActionCableの利点と欠点』

よろしければこちらもご覧ください

Ruby開発に強いトランスネットが海外Railsコラム『Rails 5で追加されたActionCableの利点と欠点』を公開しました。

###
みなさんご存知のように、Rails 5では「ActionCable」というリアルタイム通信用の技術が追加されました。この技術を使えば、ウェブページの閲覧者が画面の操作を行わなくても、受動的に新しい情報をリアルタイムで取得できるようになります。

ActionCableの活用例には次のようなものがあります。

・サイトのお知らせや警告をリアルタイムでポップアップ表示する
・シングルページアプリで、更新があればデータを取得する
・コンテンツストリーミング
・ライブチャット

現在、様々なところで簡易チャットなどの開発チュートリアルが公開されていますが、商品化した例はまだ少ないようです。そこで本コラムでは、商品化レベルでActionScriptの利点と欠点を考察したブログの概要を紹介したいと思います。

(コラム本文は以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2016/05/18/colnrrails-5%E3%81%A7%E8%BF%BD%E5%...

また、以下のサイトでは、Ruby開発事例、提案書を20本公開しています。以下もご覧ください。

https://www.transnet.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]