よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「等しさの判定」を公開しました。
みなさんこんにちは。
このコラムでは、PHP技術者認定試験(初級)の出題範囲の中から、「PHP初心者だった自分に教えたい小ネタや技術」を、全18回に渡って解説していきます。

第10回目のテーマは『等しさの判定』です。

プログラミングでは、ある式(命題)が正か否かによって処理内容を変え、様々な状況に対応しています。「女性ならこのカテゴリーの広告を表示する(命題:対象者は女性である)」「合計金額が5,000円以上なら送料無料で計算する(命題:合計金額は5,000円以上である)」といったように、様々な状況が考えられます。

PHPで正否を判定するためには if を使えますが、以下の式はそれぞれ true でしょうか、false でしょうか。

<?php

 // (1)

 $number = 0;

 if ($number) {

 echo “(1)”;

 }

 // (2)

 $number = 0;

 if ($number = ‘0’) {

 echo “(2)”;

 }

 // (3)

 $number = 0;

 if ($number == ‘0’) {

 echo “(3)”;

 }

 // (4)

 $number = 0;
 if ($number === ‘0’) {
 echo “(4)”;
 }
?>

(1)~(4)の違いは、判定式にあるイコールの数です。

この中で判定式がtrueになるのは(3)のみで、(1)(2)(4)はfalseになります。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5713/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラスタリング
複数のものをまとめてひとかたまりにすること。 複数のコンピュータを連動させ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]