よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「変数操作関数編 その1」を公開しました。
前回の流れで「クラス/オブジェクト関数をやったので次は関数系のお話を」…と思ったのですが、
関数が思ったよりボリューミーになりそうなので、先に変数操作系をお話させていただければ、と思います。
というわけで、今回は「変数操作」系の関数について。

割とよく使われるあたりで、print_r、var_dumpがあろうかと思います。また、若干近しい関数としてdebug_zval_dump、var_exportってな関数もございます。
長口上を延々と述べるよりもコードでまずは挙動を確認したほうがある程度までわかりやすかろうと思いますんで、
早速、確認をしてみましょう。
解りやすいところから進めてみます。

<?php
function hoge($v) {
print_r($v);
echo “\n”;
var_dump($v);
echo “\n”;
debug_zval_dump($v);
echo “\n”;
var_export($v);
echo “\n”;
echo “—————–\n”;
}
hoge(true);
hoge(10);
hoge(1.23);
hoge(‘string’);
hoge([1,2,3]);

で、なんのためらいもひねりもなく、実行結果を。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/823/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]