INTEROP TOKYO 2015の「People's Choice部門」にてヤマハのルーターとスイッチのブースが準グランプリを受賞

INTEROP TOKYO 2015の「People's Choice部門」にてヤマハのルーターとスイッチのブースが準グランプリを受賞しました
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

INTEROP TOKYO 2015の「People's Choice部門」にてヤマハとSCSKの共同出展ブースが準グランプリを受賞しました。このブースでは主にヤマハのルーターとスイッチが展示されていました。ヤマハのルーターやスイッチと言えば、Web担当者の方もなじみのある製品ではないでしょうか。

そもそも「People's Choice部門」とは開催期間中のTwitterで「もっとも話題に上がった企業」部門です。つまり、中身を知らないと「えー!今更ルーターとスイッチでTwitterでばずったの???」という反応をしてしまいそうです。

ただ、今年発表された「ネットワークの見える化」に対応したL2スイッチは素晴らしかったです。ヤマハさんのスイッチは後発製品ですが、世界中にあまたあるスイッチ製品とは一味違います。ヤマハさんの製品設計はより便利にしよう!他がやらないなら企業努力で実現しよう!という気持ちが伝わってくる製品でした。

この価格でこの機能を搭載しているといった業界最高のコストパフォーマンスを実現している製品だと思います。当日は私もブースにお伺いしており、大変にぎやかだったのを覚えています。

ヤマハ 楽器・音響営業本部 音響営業統括部 SN営業部 営業推進課 平野尚志氏曰く、「今までのスイッチ屋さんがやらなかったことをやりたい!」「ルーターでネットワークの入り口までは見えるようになったけど、その先を しっかり管理したいニーズが多かったので、その先をやりたい!」そんな気持ちで作ったのが今回のL2スイッチだそうです。その気持ちを形にしただけあっ て、かゆいこところに手が届く機能を実現しており、私も当日デモで拝見しましたが、本当に素晴らしかったです。

ちなみに、9月にリリースするSWX2300シリーズの特長は以下の通りです。

・業界標準クラスのインテリジェンスL2スイッチ機能は標準搭載
・スイッチだけでも「LANの見える化」を実現・ファレンス設計で50度の動作周囲温度に対応

SWX2300シリーズの詳細は以下に記載がありますので、是非ご注目ください。

ヤマハ スイッチ製品のページへ
http://jp.yamaha.com/products/network/switches/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]