「複数ホストへのssh接続やscpを簡単に管理できる’configファイル’の記述方法」

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「「複数ホストへのssh接続やscpを簡単に管理できる’configファイル’の記述方法」」を公開しました。
今回は複数ホストを管理してssh接続やscpする際に、認証鍵やユーザー名、IPなどホストごとの設定を毎回指定せずに実行できるようになる、「configファイル」の設定方法をメモとしてご紹介します

ssh(Secure SHell-セキュアシェル-) とは

ネットワークを介して別のコンピュータにログインして操作するためのソフトウェアの一つ。
通信経路が暗号化されるため、インターネットなどを経由しても安全にアクセスすることができます。

scpとは
scpコマンドはファイルをSSHで暗号化した上で転送してくれるコマンド。ローカルからリモートもしくはリモートからローカルへの転送に使用できます。

configファイルの記述方法

ローカルの.sshディレクトリに「config」という名前のファイルを作成して、「ホスト名」「ユーザ名」「ポート番号」「秘密鍵」を記述します。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/4152/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]