国内主要企業サイトの53%がマルチデバイスに対応

国内主要企業サイトマルチデバイス対応調査2015年5月版
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2014年11月の前回調査と同様に日経225に選定されている国内主要企業の公式サイトについて、マルチデバイス対応状況を当社が独自に調査しました。その結果、マルチデバイス対応が9ポイント増加し過半数を超えたことがわかりました。対応方法は、レスポンシブデザインが世界主要企業に比較し少ないものの、増加率ではスマートフォン専用サイトを上回ったことがわかりました。

国内主要企業サイトのマルチデバイス対応状況

  • ■マルチデバイス対応率は、53%で世界主要企業とほぼ同じ水準となった。
  • ■世界主要企業と比較しスマートフォン専用サイトが多い。
  • ■レスポンシブデザインの割合は、世界主要企業と比較し少ないが増加率は高い。
  • ■12業界中10業界でマルチデバイス対応率が5割を超えた。
  • 国内主要企業サイトマルチデバイス対応状況と対応方法(世界主要企業との比較)

    主要企業を国内と世界で比較すると、マルチデバイス対応の増加率は国内がやや上回る。国内においては、レスポンシブデザイン、スマートフォン専用サイト共に増加しているが、レスポンシブデザインの増加率が上回っていることから、今後世界と同様にレスポンシブデザインの割合がスマートフォン専用サイトを上回ることが予想される。

    国内主要企業サイトの業界別マルチデバイス対応状況と対応方法内訳

    マルチデバイス対応は、化学・素材を除き、ほぼ定着してきている。食品/自動車/エネルギーが特に高い。

    レスポンシブデザインは、電機/流通・小売/通信が対応率内訳で5割となったが、その他の業界ではスマートフォン専用サイトが主流となっている。ただし化学・素材/機械/金融の業界ではレスポンシブデザインの増加率が高い。

    レスポンシブデザインとは

    PC、タブレット、スマートフォンなど、様々なデバイスに最適化したWebサイトを、単一のファイルで実現する制作手法。デバイスごとに専用サイトを制作する必要がないため、更新作業の簡略化や更新漏れの防止が期待できるほか、検察エンジン等への内容が重複した異なるURLの出現を防ぐことができる。

    国内主要企業サイト マルチデバイス対応調査 2015年5月版
    調査内容:日経225に選定されている国内主要企業の公式サイトのレスポンシブ/スマートフォン対応状況
    調査方法:PC/スマートフォンによる目視調査
    調査期間:2015年5月12日~5月15日
    調査対象サイト数:225サイト

    国内主要企業サイトマルチデバイス対応調査2015年5月版の詳細データは、以下のサイトで公開しています。
    http://at21.jp/web/topic/topic20.html

    株式会社あとらす二十一
    http://at21.jp/

    よろしければこちらもご覧ください
    この記事が役に立ったらシェア!
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く

    Web業界の転職情報

    もっと見る
    Sponsored by

    今日の用語

    クローキング
    アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]