検索結果のCTRを向上させる4つの方法

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

オーガニックの検索結果は上部に表示されなくなってきている

「求人」で検索すると検索ボックスの次に、リスティング、その下にオーガーニックとなります。
この時、オーガニックまで548pxもの高さがあります。

またEC系ワードだと、リスティングも含まれるショッピング検索が画像付きで表示されるほか、オーガニックでもよくYoutubeやAmazonが上位表示されることが多いです。
このように検索結果に表示される要素は、ますます多くなっています。

83%が1ページ目の上位4つでクリックし、1位は17.16%のCTRに達する

スクロールせずに見られるランキングは5位までと言われていたような2013年には、このような調査結果が出ています。
Google CTR Study – An infographic by the team at Catalyst
http://www.catalystsearchmarketing.com/pubs/google-ctr-study/

しかし、現在では、ほぼ1位でなければ多くの検索結果ではファーストビューには入らなくなってしまっているといっても良いでしょう。
このため17%ものCTRが期待できない状況です。

しかし、工夫をこらすことでリスティング以外でも上位表示されることができます。

CTRを向上させる4つの改善ポイント

1:キーワード選定

単一ワードでは上位表示できない、あるいはリスティングが多すぎるという場合は複数ワードを掛けあわせて見るのも一つです。
往々にして人は絞り込みのため、複数ワードを入力しますし、Googleもサジェストをしてくれますので、このワードを狙っていくことが重要になります。

運営している「skuare.net」での一例をご紹介します。
なお、Google AnalyticsにはCTRを確認できる検索エンジン最適化というものが「集客」の項目にあり、そこでの数値です。

続きは下記で。
http://skan.in/2014/10/07/search-ctr-increase4/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]