PHP技術者認定試験、学校法人学生向け【学割プログラム】を開始

PHP技術者認定試験、学校法人学生向け【学割プログラム】を開始
よろしければこちらもご覧ください

特定非営利活動任意団体PHP技術者認定機構(理事長:吉政忠志、所在:東京都世田谷区、以下「PHP技術者認定機構」)は、本日より、PHP技術者認定初級試験及びPHP技術者認定上級試験を学校法人在籍学生に対して特別価格で提供することを発表しました。プログラムの詳細については以下をご覧ください。

■■PHP技術者認定試験学割プログラムについて
参加対象:日本国内の学校法人
学割適用対象:申請があった学校法人の在籍中の学生
受験時期:通年(指定日を除き1年中受験が可能です)
受験可能エリア:全国100か所以上のプロメトリック試験センターで受験ができます。
学校法人の学割プログラム参加料金:無料
その他参加条件:
・当機構の学割対象学校リストに記載させていただきます。
・学生へのPHP技術者認定機構カタログ配布
・PHP技術者認定機構ポスターの掲示
学割価格:
 ・お問い合わせください。
 ※学校法人からのお問合せのみ回答いたします。
 ※学生の方で興味がある方は、在籍学校法人経由でご連絡ください。

参加方法:
 1)学割購入申請書を以下より依頼ください。
     お問い合わせ窓口:http://www.phpexam.jp/contact/
     ※学校法人のメールアドレスから申し込みください。
 2)学割価格と学割購入申請書が届きますので、必要事項に記入・捺印頂き、事務局に送付ください。
 3)受領後1週間以内に学割購入申請書を送付しますので、その申請書を使用し、試験バウチャーチケットを購入下さい。

運営方法:
 1)参加された学校法人がプロメトリックに学割購入申請書を使用して試験バウチャーチケットを購入いただきます。(学生から直接申し込みはできません)
 2)購入した学校法人に試験バウチャーチケットがプロメトリックから送付されますので、在籍学生に販売頂きます。
 3)上記で購入した学生がプロメトリック試験予約センターに受験日を予約し、受験頂きます。

■■PHP技術者認定機構について
オライリー・ジャパンによる特別協賛のもと、2011年2月1日に設立したPHP技術者認定試験を運営する特定非営利活動任意団体です。オライリー・ジャパンが出版した「初めてのPHP5」と「プログラミングPHP 第2版」を主教材及び出題範囲としています。業界初の匿名論文審査方式を採用した最上位資格審査「ウィザード」を2012年5月5日より開始しました。
認定スクール一覧:
http://www.phpexam.jp/school/schoollist/
以上

【本件に関するお問い合わせ先】
PHP技術者認定機構事務局(吉政創成株式会社内) 
Mail:pr@phpexam.jp FAX:03-3709-0841

※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]