本当の効果みえてますか?ソーシャルメディアの分析に使えるツール5選

ソーシャルメディアの分析ツールは様々ありますが、どんな数字が計測できるかをまとめてみました。
よろしければこちらもご覧ください

いきなりですが、ソーシャルメディアの効果測定はできていますでしょうか?Facebookページの「インサイト」だけを見て効果測定した気になっていないでしょうか?

先日、私が行ってきた「ソーシャルメディアサミット2012」でもソーシャルメディアの効果測定の話はあがっていました。まだまだ大企業でも試行錯誤が続いているようです。

そんなソーシャルメディアを分析できるツールを集めてみました。今年に入ってから続々と新しいツールが登場していますので、目的にあったツールがあれば導入を検討してもいいかもしれません。

ソーシャルメディアの分析に使えるツール5選

5つのツールについてご紹介します。5つの違いについては最後にまとめています。

 

1.Social Insight(株式会社ユーザーローカル)

今年の1月にリリースされたツールで、TechCrunchの記事でも紹介されていました。もともと、アクセス解析ツールの「ユーザーインサイト」を提供している会社のツールのため、グラフの表示がわかりやすいです。一部の機能は無料で利用することができます。

socialtwitterの「傾聴」ではこのようなグラフが表示され、ツイートしている人の性別・年齢・twitter登録時期を可視化することができます。また、テキストマイニングによるツイートのネガポジ分析も可能にしています。

Facebookページの分析では、自社ページに「いいね!」をしているユーザーの男女比や他にどんなページを「いいね!」しているかを見ることができます。

他にも、有料版ではソーシャルメディアの予約投稿などができる「コミュニケーション管理」の機能も備えています。

 

2.user chart(アジャイルメディア・ネットワーク株式会社)

userchart

先日3/9に開催された「ソーシャルメディアサミット2012」で発表されたばかりのツールです。現在は事前登録のみ行うことができ、サービスの提供開始は3月末を予定しています。

ユーザーチャートとはまだ、ツールの詳しいことはわかりませんが、「Klout」という、ソーシャルメィア・アカウントのネット上での影響力を定量化するツールをもとに考えられたと予想できます。

各ソーシャルメディア毎のスコアを見ることができるので、口コミをしてくれる影響力のあるユーザーをメディア別に見つけることができます。

 

 

3.チームラボマーケティング株式会社

チームラボマーケティング

こちらも以前にMarkeZineで紹介されていました。チームラボの子会社で、「フェイスブック上でのメディア価値を算出する新サービス」を提供するそうです。

実際に使ってみたわけではないので、記事の内容と会社HPから気になったところをピックアップしていきます。

  • PMV:個人のソーシャルメディア上での影響力・メディア価値を数値化

→上記でも紹介したKloutのような機能だと予想できます

  • CMV:企業Facebookページの、ソーシャルメディア上での影響力・メディア価値を数値化

→PMVのFacebookページ版だと考えてよさそうです

  • マーケティング活動の影響をCMVを使って定量的に測定する

PMV

詳細はまだわかりませんが、PMVで影響力のある人でかつ自社のコアファンにより良いサービスを提供したり、企業のキャンペーンの新しい効果測定の手段として使われるのではないでしょうか。

 

4.INSIGHTMILL(株式会社グルーヴィーメディア)

インサイトミル

このツールもCNET Japanで紹介されていました。こちらも、CNET Japanの記事から気になったところをピックアップしてみます。

  • ユーザーの許諾取得やキャンペーン応募、アンケートや投票などの機能を提供
  • Facebookページのファンがどんな興味関心を持つグループにかクラスタリング分析ができる
  • ファン同士のつながりを見える化するソーシャル・グラフ分析ができる

CNETの記事に載っていた画像をみると、アプリ認証が必須のようです。アプリ認証で得られたデータを分析することになるので、ある程度の知識がある企業でないと導入は難しいかもしれません。「Facebookページのファンが誰なのか?」をより詳しくみることができるので、ウォール投稿内容やキャンペーン企画で活用できそうです。

 

5.口コミ@係長(株式会社ホットリンク)

口コミ係長

以前からブログの解析を行ってきた口コミ分析で有名なツールで、70億記事以上の口コミデータをリアルタイムに分析できるそうです。また、Facebookページだけではなく、Facebookの個人のウォール投稿も分析できる業界初のツールでもあります。

さらに、昨年の12月からはAPIをサードパーティーに提供することも開始しています。

 

まとめ

今回ご紹介したツールの特徴は大きく分けて3つの特徴に分類できます。

  • 口コミ分析:「ユーザーが何を言っているか」を分析
  • ユーザーの影響度分析:「ユーザーの誰に影響力があるか」を分析
  • ユーザーのクラスタ分析:「どんなユーザーがいるか」を分析

この3つのうち、どの項目を分析したいのかを決めてから検討すれば、目的にあったツールを選ぶことができます。また、まだ提供を開始していないツールもありますので、機能が拡充する可能性もあるのでご注意ください。

 

※画像付きのもとの記事はこちらからご覧ください

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]