簡単手軽にOKGuideのハウツー記事6万本を導入しCGMサイトを作る方法

簡単手軽にOKGuideのハウツー記事6万本を導入しCGMサイトを作る方法をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

皆さんのサイトに、読み物系の記事やコラムを導入したいと思ったことはありませんか?

または、ソーシャルの流れに乗り遅れてしまった、今からCGMサイトを作りたいと思っている方も多くいらっしゃることと思います。

最近そんな声を多く耳にする機会が多いので、今回は具体的に解決する方法(のひとつ)をご紹介します。

私たちは、日本初、最大級のQ&AサイトOKWaveが提供する「OKGuide」(オウケイガイドと読みます)というハウツーサイトを運営しています。
http://okguide.okwave.jp/

「OKGuide」では、ユーザの方や、専門家の方、企業の方など、いろいろな方がガイドを投稿してくださっていて、現在6万本以上のガイドがあります。

今回お伝えするのは「OKGuide」のパートナーサイトです。

具体的に、現在パートナーサイトを導入いただいているサイト様をご紹介します。

●エイベックス・マーケティング株式会社様 「muzie」
http://www.muzie.ne.jp/okguide/

●NTTナビスペース株式会社 「Potora」
http://potora.jp/event/monoshiri.html

●株式会社豊通エレクトロニクス様 「OnGen」
http://www.ongen.net/guide/index.php

このように「OKGuide」のハウツー記事を丸ごと導入いただくことができます。

導入いただくメリットはたくさんあるのですが、代表的なものをご紹介します。

(1)ハウツーサイトを簡単に作れます!
皆さんのサイト内に、導入した時から活性化しているハウツーサイトを手軽に構築し、手間をかけずに運用できます。
上の導入事例をご覧いただくと分かるのですが、導入方法は皆さんのサイトのヘッダーの下に、インラインフレームで OKGuide.jp を読み込んでいただくだけです。

(2)メンテナンス不要でサイトを活性化!
ガイド投稿は OKGuide.jp から行うことで、投稿に関してのチェックや、サーバの監視はすべて当社で行いますので、面倒なメンテナンスの手間がかかりません。
ユーザーを定着させて、継続的にサイトを活性化することができます。

(3)国内最大級ハウツーサイトの記事を活用できる!
ハウツーサイト「OKGuide」に蓄積された豊富なハウツー記事が利用できるので、継続的なユーザーの滞留、再来訪を実現します。
パートナーサイトの導入直後から、6万件以上の膨大なハウツー記事を利用できます。
さらに毎日多くのガイドが投稿されるため、いつでも最新で豊富な記事を利用できます。

(4)毎月一定の収益が得られる!
毎月の広告収益をレベニュシェアいたします。
一度導入いただくと、運用やメンテナンスの手間はかからず、毎月収益が入ってきます。

このパートナーサイトは、現在キャンペーン期間中につき、2011年12月23日までにご契約の方に限り、特別記念価格でご提供しています。

少しでもご興味をお持ちになった方は、お気軽にお問い合せください。

【OKGuide】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ best howto
 ★No.1 ハウツー共有コミュニティ→ http://okguide.okwave.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 株式会社オウケイウェイヴ 事業戦略本部 サービス企画部
 オペレーションチーム OKGuide担当

 ▼ご意見、お問い合わせはこちらから
 okguide-campaign@okwave.co.jp
 TEL 03-5793-3044(土日祝除く10:00~19:00まで)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]