被災者向け住宅支援サイト「roomdonor.jp」が開始~サービスリリースから2日で250人以上の受け入れが可能に~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

報道関係者各位
プレスリリース
2011年3月22日
バザーリー株式会社
**********************************************************************
被災者向け住宅支援サイト「roomdonor.jp」が開始
~サービスリリースから2日で250人以上の受け入れが可能に~
**********************************************************************
インターネットサービスの開発・運営を行っているバザーリー株式会社(本社:神奈川県横浜市 代表取締役 福崎康平 以下、Bazaarie)は、2011年3月18日に被災者向け住宅支援サイト「roomdonor.jp」をリリース致しました。

「roomdonor.jp」は、今回発生した東北地方太平洋沖地震の影響で家を失うなどをして住居に住むことが困難になった被災者と、その被災者に対して部屋/住宅を無償で期限付きで提供するルームドナーをマッチングするモバイルサイトです(トップページのみPCにも対応)。3月20日15時現在では、ルームドナーの登録部屋数は104部屋、受け入れ可能人数は253人となっております。

「roomdonor.jp」は、3月18日にリリースされて以降、ソーシャルメディアを中心に大きな反響を得ており、Twitterでは#roomdonorjpというハッシュタグを利用して多くの人がルームドナーを行うという運動に賛同しております。ルームドナーになるためには、http://roomdonor.jp/からルームドナー登録フォームに入力し、メールに記されたURLにアクセスすることすることで誰でもルームドナーになることが出来ます。また、被災者の方はお手持ちの携帯電話を利用して、サイトにアクセスし携帯端末に内蔵してあるGPS情報を送信/希望の場所を入力することで受け入れ希望の申請を行うことが出来ます。今後は、被災者向けに「roomdonor.jp」を周知する活動を行っていく予定です。

ルームドナーによっては
・ペットのいる家庭に関してはペットの受け入れも行えるという方
・小さな子供のいる家族に対して、短期的に育児施設を紹介することが出来るという方
・金銭面で困っている方に大しては住居だけではなく仕事を紹介することもできるという方
など、単なる住宅貸しのみではなく、生活環境の整備も支援するという動きを行っているルームドナーの方も徐々に現れています。

Bazaarieでは、ルームドナーの一人でも多くのルームドナーの登録を目標としているほか、被災者向けに「roomdonor.jp」の宣伝または、避難所とのコンタクト手段を提供してくださる企業や団体、個人を募集しております。連絡先はinfo@bazaarie.comとなっております。

■バザーリー株式会社 会社概要
 名称:バザーリー株式会社
 設立日:2011年3月18日
 代表者:福崎康平
 所在地:〒220-0073 神奈川県横浜市西区岡野1丁目12-18-704
 連絡先:info@bazaarie.com
 事業内容:ウェブサービスの開発・運営
 roomdonor.jpホームページ : http://roomdonor.jp/

■本リリースに対するお問い合わせ
お問い合わせはメールにより受け付けております。
roomdonor.jp運営チーム(バザーリー株式会社内)
連絡先:info@bazaarie.com
担当:福崎

【配信元】 MMD研究所 http://mmd.up-date.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]