webビジネスの変革 ~新たなビジネスチャンスはどこにあるか~

一時期流行語ともなったWeb2.0とはいったいなんだったのか。何が変わり、誰が収益を上げたのか。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

一時期流行語ともなったWeb2.0とはいったいなんだったのか。何が変わり、誰が収益を上げたのか。その後、オープンプラットフォーム、クラウドなど様々な概念が現れてきた。IT・ウェブビジネスは、その登場からこうした「バズワード」が市場を席巻し、それへどう対応するべきなのか、どうビジネスに活かすべきなのか。そういう議論が市場を形成していった。

猫も杓子もオープンプラットフォーム化を叫ぶ一方で、アップルのApp storeや、楽天、Amazon、Google checkoutなど様々な決済スキームが登場し、彼らが狙っているのは自社決済サービスへの誘導というクローズドな関係性である。アプリケーション開発はオープンだが、決済はクローズドというある種矛盾した状況が生まれている。

本セミナーでは、近視眼的に市場の動向を捉えるのではなく、複眼的に全体を捉えることで、市場構造はどのように変わりうるのか、どのようなビジネス形態を持つべきなのかということを解説し、議論したい。

セミナー詳細

▼詳細・お申し込み
http://www.seminar-info.jp/seminar/detail.php?pid=1247458810-846022

▼日時
2009/9/11(金)13:30~16:30

▼講師
[小林 慎和 氏]
株式会社 野村総合研究所
情報・通信コンサルティング部
上級コンサルタント

02年株式会社野村総合研究所入社。08年コロンビアビジネススクール
Executive Educationプログラム修了。情報通信分野、webビジネス分野、
エレクトロニクス分野における事業戦略、営業改革、エマージング
マーケットを中心とする海外展開支援に従事。現在はソーシャルビジネス
事業の立上支援にも注力。

▼参加費
33,500円(消費税・参考資料含む)

▼会場
アルカディア市ヶ谷(私学会館)
http://www.seminar-info.jp/access/map1.html

▼講義詳細
1. Web2.0の真価
(1) Web2.0を支える「ボランタリーWeb社会」
(2) Web2.0の真価 振り返って見えてくること

2. ウェブビジネスのこれからの変革とは
(1) これからの変革とは
(2) ケータイのポジショニング

3. オープンかクローズドか
(1) オープンプラットフォームと言われていること
(2) クローズドなビジネスモデルの存在
(3) これからの構造変化とビジネスチャンス

4. 新たな潮流 ITビジネスとソーシャルビジネスの関係
(1) 企業が注力を始めたソーシャルビジネス
(2) ITとの掛け算がソーシャルビジネスを変える
(3) ポスト資本主義モデルにどう対応するべきか

5. 質疑応答

▼お申し込みURL
http://www.seminar-info.jp/seminar/detail.php?pid=1247458810-846022

お問合わせ

株式会社セミナーインフォ
事務局
http://www.seminar-info.jp/

TEL  : 03-3239-6544 (平日9:00~18:00)
E-Mail : customer@seminar-info.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]