【伊地知晋一×上原仁】ソーシャルメディアは今が旬!

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

来る11月17日(月)、勉強会の司会をやる予定です。
勉強会はコチラ↓
http://www.nbc-online.org/nbc/oshirase20081117.php

ゼロスタートコミュニケーションズ取締役、ブログを始めとしたメディアの扱いに造詣が深い伊地知晋一さんと、日本発!のソーシャルニュースサイト「newsing」を開始した、マイネットジャパン社長の上原仁さんの対談という、なんとも贅沢な企画なのです。

テーマは「ソーシャルメディア」。
簡単に言えば「みんなが作っていく媒体」ですね。

私見を述べるなら、今が旬だと思うんです。
なぜなら、

・いわゆる「Web業界の人」の中では「1年以上前から話題になっているよ~」という人が多くて
・Web業界とは余り縁のない人の中では「何かどこかで聞いたことがある」という人が急増中で
・実際に誰しもが「ブログ」や「SNS」を体験しており
・Yahoo!などの大手ポータルサイトも「コメントの記入」形式の導入など、ソーシャルメディア育成に積極的

…など、複数の現象がそれを示しています。

経験上ですが、

・「Web業界の人」が「これからは○○だ!」と言い始め、Web系のセミナーにやたら言葉が露出し始めた「新しい系のもの」は、まだまだ旬ではなく早すぎる。
・「Web業界以外の人」が「誰だって使っているよー」と話し始めると、すでに旬を過ぎている。

と思っています。

旬かどうかを見分けるコツの1つは、

「知らず知らずのうちに誰しもがその新しいサービス・媒体を使っている」

という状況が、まさにいま、形成されているとき。
新しいサービスが、名前と共に世に定着する予兆です。

今ではすっかりおなじみのmixi。

2004年3月、僕はその存在を知りました。知っている人なんて周りにいませんでした。
2004年8月、Webが好きな人をmixiに招待しました。結果、ほとんど使わず終わりました。けれどWeb業界では「ソーシャルネットワーキングサービス」が喧伝されていました。

2005年1月、Webに「興味ある」レベルの人をmixiに招待したら面白がって病みつきになりました。
2005年6月、「えっ、あなたも(知らないうちに)mixiやっているの」という同僚が表れました。

2004年からSNSに興味を持って眺めていた僕は、この同僚の登場で「いける!」と確信し、2006年2月、Z会でのSNS「パルティオゼット」導入を提案しました。
そしてあっという間に利用者1万人超という階段を駆け上がりました。

ソーシャルメディアには、今、そのときと同じ「匂い」を感じます。

是非勉強会
http://www.nbc-online.org/nbc/oshirase20081117.php
いらっしゃってください(僕にも会えますよ、笑)

★本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
用語集CGM / mixi / CGA / SNS
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]