『RSS Suite』サイト運用負荷を軽減する「自動ごみ箱機能」追加

[AD]
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

『RSS Suite』サイト運用負荷を軽減する「自動ごみ箱機能」追加~複数サイト間、コンテンツの同期を目的としたRSS利用の増加に対応~

RSSを活用したインターネットサービス事業を展開する、株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区 代表取締役社長:塚田耕司 以下フィードフォース)は、同社が自社開発・販売をするRSSフィード生成・配信ツール『RSS Suite』において、自動でウェブイト上の削除項目を検知し、RSS上に反映させる「自動ごみ箱機能」を追加いたしました。

機能追加の背景

~フィードフォースの顧客、及びお問い合わせ内容から見る企業のウェブサイト運営の現状~

  • 複数サイトを運営するグループ企業様・大手企業様では、サイトのコンテンツを更新・削除する際に、各サイト間でのコンテンツの同期(*1)にかかる運用負荷の高さと、それに伴う人材不足を課題としている。
  • 従来のような、一般的に普及している新着通知のためだけにRSSを利用するのではなく、複数のサイト間でコンテンツの同期をするために、RSSを利用する事例が増えている。

今回の機能追加は、近年の企業ウェブサイト運営状況、及び課題に対応したもので、今後より多くの企業様に、『RSS Suite』を運用の効率化を図るためのツールとしてご活用いただけるよう実施いたしました。

自動ごみ箱機能とは - 概要

「自動ごみ箱機能」とは、ウェブサイト上でリンクが削除された場合、その削除項目を自動検知し、RSS上に反映させる機能です。

  • 従来の『RSS Suite』
  • 従来では、ウェブサイト上の新着情報のみを自動取得していたため、ウェブサイトのリンクが削除されても、RSSで配信される情報には、そのリンクは残っていました。削除する場合には『RSS Suite』の管理
    画面にて、手動でそのリンクを「ごみ箱」に入れる必要があり、複数のサイトで複数のRSSフィードを配信している企業様は、サイトの数だけ手動でのオペレーションが必要とされていました。

    より効率的なサイト運営を可能に - 自動ごみ箱機能

    ウェブサイト上でのリンクが削除された場合、新着情報と同様、『RSS Suite』がその削除リンクを自動で検知し、自動的にRSS上のリンクの掲載を停止することができるようになりました。よって、手動でのオペレーションを行うことなく、複数サイトでの掲載停止を自動で行うことができるようになりました。

    また、本機能に付随して、アイテム(フィード記事)ごとに自動・手動を指定できる「ピン機能」や、消去したリンクを元に戻す機能なども追加しており、企業ごとに異なる多様な運用体制に合わせられるよう、
    柔軟な設定が可能になっております。

    フィードフォースでは、今後も更に多くの企業様に安心してご導入、ご活用いただけるよう、『RSS Suite』の機能強化を進めるほか、企業のウェブサイトご担当者様が運用上抱えている課題の解決に、
    RSSの技術を活用できるよう、様々な企画を展開することを推進してまいります。

    以上

    (*1)同期:保存した複数のファイルやデータの内容を、同一の内容にする作業、または同時に最新のバージョンに更新する機能のこと

    RSS Suiteについて

    ◆RSS Suite 設定の柔軟性
    ~常にニーズの高い最先端の機能をお使いいただけます~

    『RSS Suite』は、販売当初より、企業のニーズに合わせて設定できる柔軟性を強みとしており、常にWEB環境の変化に合わせて機能を改善してきております。そのためお客様には、導入時より常に満足度の高い、最先端の機能をお使いいただくことが可能です。

    株式会社フィードフォースでは、毎月5~10件の機能追加・改善を実施しており、顧客の声を順次、既存のパッケージ機能の中に反映させるようにしております。

    今後も、RSSフィードを活用したマーケティングで、企業が最大限の効果を出せるよう、『RSS Suite』の機能強化や有益なツールの開発を進めるほか、様々な企画を展開することを推進してまいります。

    RSS Suite の特徴

    RSS Suite は、企業のWEBマーケティング支援を目的として開発された、ASP型RSS統合ソリューションです。

    ○RSSの自動生成・管理
    -既存のサイトやメールマガジンのコンテンツから
    柔軟にデータを抽出して配信することができます。
     
    ○低コストでの運用
    -簡単な導入フローで通常2週間程度での導入が可能であると同時に、
    ほぼゼロに近い運用作業での運用が可能です。

    ○セキュリティポリシー機能
    -例えば、セキュリティのレベルも法人様のセキュリティの水準に
    あわせて運用していただくことが可能です。

    ○企業導入実績 No.1
    -大手企業様を中心に
    既に100社の企業様に採用いただいているツールです。

    ○サービス概要
    http://www.rsssuite.jp/

    会社概要

    社名:株式会社フィードフォース
    URL:http://www.feedforce.jp/
    所在地:東京都文京区小石川1-2-1 出光後楽園ビル5F  
    代表取締役:塚田耕司
    事業内容:RSS/フィードを活用した各種ネットマーケティング支援

    本件に関するお問い合わせ

    株式会社フィードフォース 高野/阿部
    TEL 03-5840-7106  MAIL sales@rsssuite.jp

    [AD]
    この記事が役に立ったらシェア!
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く

    今日の用語

    クリエイティブ
    広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    Web担のメルマガを購読しませんか?
    Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

    Web担に広告を掲載しませんか?
    購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

    サイトマップ
    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]