※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

第1回 ブログ広告業界

最近なにかと話題のネット上での口コミマーケティング。
その分野でも特に参入業者を増やしているのが、Web担当者 現場のノウハウ Vol.06
でも紹介されたペイドブログ型のサービスであるブログ広告だと私は考えている。

ブロガーに報酬を支払い、広告主のサクラ記事掲載を依頼するこのサービス。
多数のブログに掲載される事により、バズが拡がりネット上での広告主の商品・サービスの
認知度が上がるという事を多くのブログ広告業者は訴求している。

しかしながら、実際にブログ広告に従事している私の意見としては
口コミ効果は広告主が期待しているほどないという事をまず伝えたい。
このサービスは口コミマーケティングだけでなく、ステルスマーケティングだと
位置づけられる方は多くいるだろうし、私もそう位置づけている。

参入時期が2006年初期と比較的実績も多い弊社だが、例えば100のブログに掲載する事による
口コミ効果を実施後3ヶ月で得られるアクセスとして数値化すると平均して5000アクセス程だと考えて欲しい。

もちろんながら、記事がパワーブロガーの目に留まり
ネット経由での売上が3倍、4倍になったという実績も弊社では存在はするが、全体の2%程度である。

では、このブログ広告は存在価値が無いのかといえばそうではないと考える。

確かに口コミ効果だけを見れば、
バイラルマーケティングやバズマーケティングというよりは、ステルスマーケティングだと
いう事も私は認識している。

しかし、ブログ広告はSEO対策という側面で見れば、従来のSEOに比べ高い費用対効果を発揮する。
理由としては

・広告主のサービス評価記事という関連性の高いページから多くのバックリングを得られる。
・100ブログでも10万円程度という低価格で既存のSEO業者と違い維持費用がかからない。
・数営業日以内に被リンクが完了するので、効果が出るのも早い。

等である。

弊社の実績としても、多くの広告主のアクセス向上に寄与するキーワードを提案し成功している。
さらに、低価格でのサンプル送付や商品・サービス、サイトのアンケート等の追加サービスも弊社では行いブログを最大限に利用する方法を模索している。

ブログ広告=口コミマーケティングではなく、ブログ広告はブログを生かした新しい広告手法なのであるという事を皆さんに訴求していきたいと考えている。

次回は、実際にネット上で口コミが広まった事例として
私が携わった「My Diamond Baby」というFLASHゲームを紹介させて頂きます。

WOM太郎

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]