ドロップシッピングの法的課題

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

経済産業省が調査開始

--ドロップシッピングに早くも暗雲?--

2006/11/12の報道によると、経済産業省がドロップシッピングの実態調査に乗り出しました。経済産業省商務流通グループ消費経済政策課に問合せたところ、「特定商取引法に違反に該当する可能性があり調査を開始した」とのことです。具体的には、もしも株式会社電脳卸DSの「かんたんDS」、RMDSのフルフィルメント-DSが該当します。


ドロップシッピングとは(2006年2月9日 YOMIURI PC)

経済産業省の立場では、自分のHPにHTMLタグを埋め込むだけで、注文・決済・配送システムを一切用意せずに擬似ショッピングサイトであっても、特定商取引法に基づきサイトオーナーの氏名・連絡先を明記する必要があるという見解です。

一方、ドロップシッピング運営会社は、「発送人、問合せ対応を運営会社がおこなうため、販売主体は運営会社であり、サイトオーナーは連絡先情報を明記する必要はない」という見解です。

技術的な見地からすると、ドロップシッピング運営会社の見解はひとつの解釈として成立します。しかし、経済産業省は『消費者の保護』を最優先いたします。消費者に錯誤を与えるような場合は法的な対処をしてくることでしょう。

現時点では調査段階で、各運営会社に対してヒアリングを開始している状況ですので、対応が求められるとしても来春以降になる見込みです。

現在アフィリエイト広告市場に対して、アフィリエイターの不満を解消する新ビジネスとして期待されているだけに、今後の動向に注目していきたいとおもいます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

アーティクル・スピニング
既存のコンテンツを書き換えたり、その一部を流用したり自動置換したりして、同一では ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]