セルラーM2M市場ーサービス別(接続性、プロフェッショナル、マネージド)、アプリケーション別(資産追跡と監視、予知保全、遠隔医療など)、エンドユーザー別、組織規模別、地域別ー世界的な予測2030年

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年09月15日(水)
SDKI Inc.
SDKI Inc.は、セルラーM2M市場の新レポートを2021年09月15日に発刊しました。この調査には、セルラーM2M市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-104999


セルラーM2M市場は、2020年に83.0億米ドルの価値を保持しました。2022年に120.3億米ドルの市場価値から、2030年までに441.2億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に20.4%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/cellular-m2m-market/104999

セルラーM2M市場の成長は、業界全体のほとんどの企業で個人所有のデバイスを持参する(BYOD)の採用が拡大しているため、牽引すると予想されます。中小企業や大企業の間では、セルラーM2Mアプリケーションを使用してビジネスプロセスを管理および最適化する必要性が高まっています。これは、セルラーM2M市場の成長を推進する主要な要因です。さらに、無線通信の必要性の高まりにより、統合されたM2Mプラットフォームの需要が高まっています。また、リスク評価と管理の必要性の増加、接続アプリケーションのコストの削減、とモノのインターネットの採用の増加も、セルラーM2M市場の成長を推進する主要な要因です。しかし、データのプライバシーとセキュリティに対する懸念が高まりは、セルラーM2M市場の成長を抑制する可能性があります。

セルラーM2M市場セグメント

セルラーM2M市場は、サービス別(接続性、プロフェッショナル、マネージド)、アプリケーション別(資産追跡と監視、予知保全、遠隔医療、フリート管理、倉庫管理、産業オートメーション、スマートメーター)、エンドユーザー別(ヘルスケア、エネルギーとユーティリティ、輸送とロジスティクス、製造、その他)、組織規模別(大企業、中小企業(SME))、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アプリケーションに基づいて、予知保全セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

M2Mの助けを借りて、さまざまな組織が、ヘルスケア、製造、輸送とロジスティクス、エネルギーとユーティリティなど、さまざまな分野にわたる予知保全を利用しています。予知保全は、機械または装置が故障のために修理を必要とする可能性がある時期を予測するために開発されたシステムです。これにより、メンテナンスコストの削減、故障の排除、プロセスのダウンタイムの削減、生産の増加など、多くのメリットがもたらされます。これがこのセグメントの成長を後押ししています。

エンドユーザーに基づいて、運輸とロジスティクスセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

輸送とロジスティクス業界の変革は、セルラーM2Mサービスおよびソリューションの世界規模での採用により重要です。急速なデジタル化により、多くの主要なプレーヤーがM2Mテクノロジーを介して情報を交換し、生産性を向上させることができます。小規模企業のデジタルトランスフォーメーションも、地理的範囲を拡大しており、競争の激しい業界での成長に貢献しています。最近、接続の使用は、組織の長期的な持続可能性のために必要であると考えられています。これらの要因は、このセグメントの成長を牽引すると予想されます。

セルラーM2M市場の地域概要

アジア太平洋(APAC)地域は、セルラーM2M市場で最高の成長率を記録すると予想されます。APACには、中国や日本など、いくつかの成長経済があり、セルラーM2M市場で高い成長を記録すると予想されています。これらの国々は常に産業と技術の成長を支援し、促進してきました。さらに、開発された技術インフラストラクチャを備えており、すべての業界でセルラーM2Mソリューションの採用を促進しています。また、APACのセルラーM2M市場は、クラウドベースのソリューション、とIoT、ビッグデータ分析とモビリティなどの新しいテクノロジーの受け入れの高まりによって推進されています。APACは、接続されたデバイスの最大の地域の1つです。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

セルラーM2M市場の主要なキープレーヤー

セルラーM2M市場の主要なキープレーヤーには、AT&T(米国)、Verizon(米国)、T-Mobile(米国)、Deutsche Telekom(ドイツ)、Orange SA(フランス)、Telefonica(スペイン)、Vodafone(英国)、Ericsson(スウェーデン)、Kore Wireless(米国)、 Aeris(米国)、Arm Holding(英国)、China Mobile(中国)、Infineon(ドイツ)、Thales Group(フランス)、Orbocomm(米国)などがあります。この調査には、セルラーM2M市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-104999

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]