パーキンソン病治療市場ー医薬品クラス別(カルビドパ/レボドパ、ドーパミン受容体作動薬、MAO阻害剤)、流通チャネル別、患者ケア設定別および地域別ー世界的な予測2030年

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年07月30日(金)
SDKI Inc.
SDKI Inc.は、パーキンソン病治療市場の新レポートを2021年07月30日に発刊しました。この調査には、パーキンソン病治療市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-108925



パーキンソン病治療市場は、2022年に56.9億米ドルの市場価値から、2030年までに86.1億米ドルに達すると推定され、予測期間中に6.1%のCAGRで成長すると予想されています。

世界的な高齢化人口の増加、およびパーキンソン病の研究に対する政府の資金提供などの要因が、この市場の成長を牽引しています。高齢化人口の高成長、およびパーキンソン病の有病率の増加は、パーキンソン病治療市場の成長を推進する重要な要因の1つです。また、L-ドーパ、症候性ドーパミン補充療法、黒質線条体系の使用の増加も市場の成長を促進しています。さらに、ジェネリック医薬品メーカーの増加、および診断研究所の利用可能性による病院への患者の訪問数の増加も、予測期間中に市場の成長を押し上げています。また、ブランド薬の特許満了と強力な薬のパイプラインは、2022ー2030年の予測期間中に市場に大きな成長の機会を提供します。しかし、代替治療の利用可能性はこの市場を抑制する可能性があります。

市場セグメント

パーキンソン病治療市場は、医薬品クラス別(カルビドパ/レボドパ、ドーパミン受容体作動薬、MAO阻害剤)、流通チャネル別(病院、オンライン薬局、小売薬局)、患者ケア設定別(病院、診療所)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

カルビドパ/レボドパセグメントは、予測期間中に最大なCAGRを記録すると予想されます。

薬剤クラスに基づいて、パーキンソン病の治療市場は、カルビドパ/レボドパ、ドーパミン受容体アゴニスト、MAO阻害剤、COMT阻害剤、抗コリン作用薬、その他の薬剤に分類されます。カルビドパ/レボドパセグメントは、予測期間中に最大な成長率を記録すると予想されます。このセグメントの成長は、主にパーキンソン病の治療におけるその効力と幅広い採用によって推進されています。

オンライン薬局セグメントは、予測期間中に最も速い速度で成長します。

流通チャネルに基づいて、パーキンソン病治療市場は、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に分類されています。オンライン薬局セグメントは、予測期間中に最大なCAGRを登録すると予想されます。24時間年中無休の注文、宅配、医薬品の割引などの利点が、このセグメントの推進要因です。

地域概要

ヨーロッパはパーキンソン病治療市場を支配すると予想されます。ヨーロッパは、この市場で最大のシェアを占めると予想されています。このセグメントの大きなシェアは、人口の高齢化、主要なプレーヤーの存在、および地域での医療費の増加に起因する可能性があります。一方、アジア地域は予測期間中に最も速い速度で成長すると推定されます。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

パーキンソン病治療市場の主要なキープレーヤーには、Teva(イスラエル)、Novartis AG(スイス)、GSK(英国)、AbbVie(米国)、Merck(米国)、Boehringer Ingelheim(ドイツ)、Impax Laboratories(米国)、Lundbeck(デンマーク)、UCB(ベルギー)、Valeant Pharmaceuticals (カナダ)、Acadia(米国)、Sun Pharma(インド)、Wockhardt(インド)などがあります。この調査には、パーキンソン病治療市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/parkinsons-disease-treatment-market/108925

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]