『人』と『ロボット』の協業をより高度に推し進める新しいサービス開発に着手

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2022年06月26日(日)
Ultimatrust株式会社
AI監視カメラとロボットで小売店舗をアップデート

AI解析プラットフォーム『Wisbrain』を開発・提供するUltimatrust株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:小澤巌、以下「Ultimatrust」)は、人とロボットの協働をより高度に推し進めるため『Wisbrain』を基盤とした新しいサービスの開発・展開に着手いたしました。





取組の背景と目指す世界観
慢性的な働き手の不足、人件費高騰、コロナ禍による事業運営方法が課題となる中、複雑で高度な業務を担うことができるロボットを活用が推進されており、この流れは今後さらに加速する見込みです。このような環境下、小売業においても『人』と『ロボット』の協働の必要性が認識されておりますが、一方で導入時の課題も明確になってきております。

Ultimatrustでは、『Wisbrain』関連サービスで培った店舗における情報収集、解析、活用のノウハウを活かし、『人』と『ロボット』との新しい働き方に対応したプラットフォームの開発・展開を推進いたします。「機能と機能を繋ぎ、ロボットをより賢く、人にしか出来ないことを人に」、ロボットをより活用可能なプラットフォームを提供することで、働き手不足を補い持続可能な社会の実現を目指します。



監視カメラからのデータ蓄積と活用について
監視カメラは、顧客の位置情報や動線などPOSシステムでは測定ができない様々なデータを取得することができます。しかし現状ではこれらカメラから得られた情報を活用する手段が限定的でした。『Wisbrain プラットフォーム』は、カメラからのデータを可視化、解析、利活用する仕組みを提供しております。独自のデータ分析・処理基盤を活用し、リアル空間、サイバー空間双方のデータを連動させることで、人とロボットの動きを効率化させることが可能です。

Wisbrainプラットフォームについて
Ultimatrust株式会社が提供する、データを収集・分析し利活用する情報分析処理基盤です。クラウドとオンプレミスをシームレスに動作させることが可能であり、個別の課題ごとに最適な環境構築が可能です。Wisbrainプラットフォームのハードウエアやソフトウエアはモジュール化されており、柔軟な組み合わが可能なことから、企画立案から運用までの期間短縮にも貢献します。

Ultimatrust株式会社
代表取締役:小澤 巌
本社:東京都千代田区神田駿河台1‐7‐10
URL: https://ultimatrust.co.jp/


本件に関するお問合せ先
Ultimatrust株式会社:室井
電話:03-5315-4065 メールアドレス:info@ultimatrust.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]