相続ファシリテーター協会、相続に関するオンライン無料相談を受付開始

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年05月01日(金)
一般社団法人相続ファシリテーター協会
一般社団相続ファシリテーター協会(代表理事 高松 伸吾、以下「当協会」)は、相続に関する内容の相談を希望する方に、専門家(相談内容により最適な会員を選定)によるオンライン無料相談を開始します。



■時間や場所の自由度が高い相談対応が可能に
 新型コロナウイルスの影響により、ステイホームや外出自粛が続く中、休日でさえ自宅待機しなければいけない方々がほとんどです。この機会にすべての人に関係のある「相続」について考えてみるのはいかがでしょうか。

 このたび当協会はWeb会議システムを利用した「相続対策」や「空家対策」に関する「オンライン無料相談」を開始しました。遺言作成、任意後見契約、相続税の申告など具体的手続きについては従来通り直接お会いしての相談となりますが、初回の簡易的な相談や問題点整理の相談などは十分オンラインでも対応が可能です。これにより、離れて暮らす親子で話合う機会がなかなか得られない方々、外出が困難な方々など、相談がしたくてもできなかった方にとっても利用しやすく、家族揃って相続について向き合える機会が作れます。この機会に是非ご活用ください。

詳しい「オンライン無料相談」の方法についてはこちら
https://www.jifa-c.net/consulting.html


■Webで開催するセミナーやオンラインサロン等も企画
 今後しばらくはイベント開催の自粛が続くと予想される一方、相続や空き家の問題は増えていくばかりです。誰に相談したらよいかわからない方や、将来に備え情報を集めたい方にとって、個別相談付セミナーが開催されないことは解決の契機を失うことでもありますので、当協会ではWebで受講可能なセミナーの開催や、会員制のオンラインサロンを企画検討し、行政や提携企業と運営方法や内容等打ち合わせを行ってまいります。



■一般社団法人相続ファシリテーター協会とは
 相続は誰にでも関係ある事柄です。平成27年1月1日改正相続税法が施行されてから、より一層相続について考えなければいけないことが増えております。
 相続発生により、親族間の関係が悪化する、争いごとが起きることは亡くなった方の本意ではありません。
そうならないためにも、事前に財産総額の確認、不動産に対する思い、遺言の作成等、確認・準備することが求められています。相続とは被相続人から相続人へ本当の想いを伝えるもの。そんな相続の本質と正しい相続の生前対策を促進しています。

■相続ファシリテーター協会の活動
 当協会は、これまでも相続に不安を抱える皆様が気軽に相談できる存在として、相続相談のプロである「相続ファシリテーター」・相続に強い「士業の方々(弁護士・税理士・司法書士など)」・「相続関連企業」が会員として活動することで、相続に特化したワンストップ窓口を形成し、相続問題の解決に最適な提案を行ってきました。
 今後も「相続」が「争族」になって困ってしまう人をなくすため、精力的に活動を続けてまいります。


◆◇詳細お問い合わせはこちら◇◆
電話:03-6804-6298
mail:info@jifa-c.net
担当者:事務局
https://www.jifa-c.net/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]