FINOLAB、スタートアップの事業成長を加速させるバックオフィス・シェアサービス「SUBPOSI(サブポジ)」を開始

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年06月04日(木)
株式会社FINOLAB
第1弾はファイナンスを支援するCFOサポート

株式会社FINOLAB(本社:東京都千代田区、代表取締役:伊藤 千恵、以下 FINOLAB)は、本日よりスタートアップ向けにバックオフィスのシェアリングサービス「SUBPOSI(サブポジ)」を開始します。第1弾として、スタートアップの資本政策や財務管理を支援する SUBPOSI FINANCE(ファイナンス)を提供します。 なお、本件に先駆け、従来からの協業先であるKanekyo Corporation(本社:東京都千代田区、代表取締役:金子 匡俊、以下 Kanekyo)より、同社のスタートアップ支援事業を譲受し、併せて金子匡俊が当社のCFOとして就任したことをお知らせします。





スタートアップが事業成長に集中するための支援サービス
FINOLABは、2016年2月にプロジェクトとして発足して以来、FinTechコミュニティの運営を通じて、シード~アーリー期のスタートアップを支援し、2019年7月に法人化、同年10月から本格的に業務を開始しています。以前より、複数のスタートアップからバックオフィス機能をアウトソーシングしたい、という要望があり、この度、スタートアップが事業成長やコア・コンピタンスの確立に集中できるよう、バックオフィス業務をシェアリングするサービス「SUBPOSI(サブポジ)」の提供を開始します。

SUBPOSI(サブポジ)の特徴
SUBPOSI(サブポジ)とは、SUB(ノンコア)のPOSITION(役割)をFINOLABが担うことで、スタートアップがコアビジネスに集中できるよう支援するバックオフィスのシェアリングサービスです。

1. 近くに常駐するリアルな「バックオフィス」
自社のバックオフィス部門としてご利用いただけるよう、FINOLAB内にコンシェルジュデスクを設置し、常駐スタッフが対応します。ちょっとした困りごとから資金調達の相談まで、スタートアップのバックオフィスに必要な業務のラインナップを順次揃えてまいります。

2. アドバイザリー×実務支援
近年、顧問紹介や、オンラインの業務代行サービスが増えています。しかし、スタートアップ経営者が必要としているのは、「業務について提案し、実務まで遂行してくれる人」です。SUBPOSIは分野ごとの専門家による業務相談と実務支援ソリューションを併せて提供します。

3. ガバナンス×柔軟性
FINOLABが株式会社化におけるバックオフィス構築で培った知見とネットワークを活用して、スタートアップをサポートします。上場企業のジョイントベンチャーとして求められるガバナンスと、スタートアップの柔軟性を併せ持つバックオフィスサービスを目指します。


第1弾はFINANCE(ファイナンス)
FINOLABは、2018年よりKanekyoとともに、資金調達サポートなどのスタートアップ支援を行ってまいりましたが、このたび同社より事業を譲受し、「SUBPOSI FINANCE」としてサービスを提供開始いたします。また、Kanekyoの代表取締役である金子匡俊がFINOLABのCFOに就任し、体制の強化およびサービス拡充を行います。

SUBPOSI FINANCEは、CEOが実現したい未来のため、まるで社内にCFOを雇用するように伴走するサービスです。実務経験豊かなプロフェッショナルが、経営チームとして企業のミッション・バリューをどのように実現するかを財務の視点からアドバイスいたします。また、日々の経理や決算業務、事業計画策定等、実務上の支援も行います。

提供開始日:2020年6月4日
詳細・お問い合わせはこちら: https://finance.subposi.com/

当社は、「未来への想いを、独り立ちさせる。」というミッションの下、FinTechのみならず、スタートアップコミュニティへ貢献すべく、今後も取り組みを進めてまいります。


■Kanekyo Corporation概要
会社名: Kanekyo Corporation / 日本国登記:株式会社 金匡(カネキョウ)
所在地:東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビルヂング6階
代表者:金子 匡俊
設立:2016年10月21日
事業内容:「資本を動かし可能性を作り出す」というミッションのもと、サスティナブルな企業・団体・個人の社会活動を支援するため、CFOサポートサービスを提供する。また、国連によりサポートされている「thePRI」の署名機関として、ESG投資活動の提言、支援、またその投資対象への支援を行っている。
Webサイト(URL): http://kanekyo.co.jp/

■株式会社 FINOLAB (フィノラボ)概要
所在地:東京都千代田区大手町 1-6-1
代表者:代表取締役 伊藤 千恵
設立:2019年7月11日
資本金:3億円(資本準備金を含む)
事業内容:メンバー企業(スタートアップ会員及び企業会員)のFinTech分野での取り組みを支援するとともに、オープンイノベーションを促進し、日本のFinTechエコシステムを発展させるために、FINOLABコミュニティを運営。
Webサイト(URL): https://finolab.co.jp/jp/index.html

■FINOLABコミュニティの概要
FINOLAB(The Fintech Center of Tokyo, FINOLAB)は、世界有数の国際金融センターである東京・大手町エリアを拠点とするFinTechのエコシステムの形成および新規ビジネス創出を目的とした会員制のコミュニティ&スペース。2016年2月に日本初のFinTech拠点として三菱地所株式会社、株式会社電通および株式会社電通国際情報サービスの協業により開設。2020年5月現在、国内外の金融関連スタートアップ57社、事業法人17社が参画。
Webサイト(URL): https://finolab.tokyo/jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]