AIスマートカメラ『SiNGRAY(シングレイ)シリーズ』とスマートクラウドサービスを提供するHMS株式会社がシリーズA2ラウンドで3億円を資金調達/累計調達金額は8.6億円に

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2024年04月02日(火)
HMS株式会社
ロボティクスやFA(工場自動化)などで使用される「AIカメラ(スマートデバイス)事業」と「エッジAI(現場処理AI)とクラウドの協働によるサービス(スマートクラウドサービス)事業」の成長を加速

HMS株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:胡 振程)は、シリーズA2ラウンドの資金調達を実施したことをお知らせ致します。本ラウンドでは、九州広域復興支援投資事業有限責任組合(運営者:REVICキャピタル株式会社およびロングブラックパートナーズ株式会社)、株式会社正興電機製作所、株式会社QTnet、佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第五号(運営者:株式会社佐銀キャピタル&コンサルティング)を引受先とし、総額3億円を調達致しました。これにより、2018年9月の創業からの資金調達累計額は8.6億円となります。また、今後追加引受及びデットでの調達についても計画しており、資金調達額は更に増加する見込みです。


HMS株式会社(以下、当社)は創業以来、画像解析AIを独自に開発し、自律性型ロボットなどの移動や動作に必要なSLAM機能を実装する3Dセンサや工場自動化(FA)向け産業カメラを提供してまいりました。

当社の創業事業であるスマートデバイス事業におけるハードウェア・ソフトウェアの両面開発が可能なノウハウを活かして、既存のIPカメラ(防犯カメラなど)を活用したクラウド協働型のAIサービスをAWSと共同開発し、スマートクラウドサービスを展開しています。当スマートクラウドサービスは工場、プラント、商業施設、病院、交通インフラなど幅広い分野で活用できるようなカスタマイズ性の高いサービスですが、より導入・設置を容易にするために業界特化型のサービスもリリース致しました。ファーストリリースとしては、小売・サービス業のマーケティング支援サービス『StoreSense』を地場ディスカウントストアでの実証実験後、リリース致しました。

今後は調達した資金をもとに、新製品の開発及びサービスの拡張開発 / 当該製品・サービスのマーケティング / 採用活動の強化 / コーポレートガバナンスの充実に取り組むことで、成長性の高い事業基盤を構築し、AI技術を誰でも、簡単に、低価格で利用できる世界の実現に向け、より一層邁進してまいります。


資金調達の目的と今後の展開
創業事業であるスマートデバイス事業においては、製造業を中心とした無人化・省力化ニーズ及び各種産業におけるロボティクス・DXへのニーズの高まりより、AIスマートカメラ『SiNGRAY』シリーズの拡充を目指します。また、エッジAI(カメラ使用側でのAI処理)とクラウド協働型のスマートクラウドサービスにおいては、業界特化型サービスを小売・サービス業から展開を始め、本サービスの拡販と他業種展開に向けたサービス開発を計画しています。
当該製品・サービスの開発および展開に向けて、採用活動並びにマーケティング・営業活動強化のために資金調達を実施いたしました。これらの事業成長に向けた施策・活動と同時にコーポレートガバナンスの充実を図り、パフォーマンスの高いメンバーの定着と参画・活躍を実現し、 成長性の高い事業基盤を構築を目指します。

そのような事業成長の中で、スマートデバイス事業ではロボティクスやFAの分野で、省力化・無人化を起点としたテクノロジーの発展と各種産業の生産性向上に寄与するAIデバイスを開発・提供してまいります。並行して、スマートクラウドサービス事業では、従来の画像解析AIやDX施策導入時にネックとなっていた「カメラ等のデバイスが高額」「AI学習に時間がかかる」等を解消すべく、手軽でリーズナブルなサービスの展開を行います。この両輪展開により、中期的には、費用対効果・時間対効果の点からAI導入が進みにくい中小規模の事業者や一次産業まで活用の裾野が広がることを見据えています。
本ラウンドの調達を弾みに、デバイスとサービスの両輪でAIトータルソリューションを提供できる組織へ成長してまいります。


投資家コメント
株式会社地域経済活性化支援機構 様
(※REVICキャピタル株式会社の親会社)
本件を通じて、「多くの事業で簡単にリーズナブルにAIの活用を可能」とする社会の実現に向けた取り組みに、弊社の運営子会社であるREVICキャピタル株式会社を通じて組成した九州広域復興支援ファンドから参加させて頂くこととなり、大変、喜ばしく思います。
九州地域を支える事業者を中心にHMS株式会社が開発したAIスマートカメラやAIプラットフォームが活用されることで、人手不足解決への一助となることや生産性向上への貢献を通じた地域経済全体の活性化に期待しております。



株式会社正興電機製作所            代表取締役社長 添田英俊 様弊社は、電力・環境分野のインフラ制御を核としつつ、AIやIOT、ロボット等の先端技術を積極的に取り入れ、スマート保安という形でお客様の課題解決を行っております。
エッジAIカメラ・クラウドシステムにおいて、秀でた技術と実績を有するHMS社への投資・協業により、高度なスマート保安システムを作りあげ、電力・公共・産業へも拡大してまいります。
これにより、インフラ制御システムの開発・導入から、保守・点検まで、より一層お客様に安心してご利用いただける、トータルソリューションを提供してまいります。





株式会社QTnet YOKAプロ部長 田村章 様当社とHMS社は、当社オープンイノベーションプログラム「TSUNAGU」での優秀賞受賞をきっかけに協業を開始し、共同プロジェクトが成功を収めたことを受け、今回出資を決定いたしました。
HMS社が提供するエッジAIカメラは多種多様な情報をリアルタイムに収集し、最適なソリューションを手軽でリーズナブルに提供できます。
本サービスの展開により、AI導入が進みにくい中小規模の事業者や一次産業などへと裾野を広げ、事業価値を最大限に引き出すための環境を構築できると考えています。今回の出資をきっかけに、協業をより一層推進し、社会に貢献してまいります。





株式会社佐銀キャピタル&コンサルティング   代表取締役 富永金吾 様今回、HMSの株主として参画出来たこと嬉しく思います。
HMSは、胡代表をはじめ、ハードウェア・ソフトウェア両面の開発において経験の豊富なメンバーが参画しています。スマートデバイス事業では、ユーザーファーストの開発により、大手への納入実績が増加傾向にあります。加えて、新たに開始したスマートクラウドサービス事業においてもPoC、有償リリースを積上げており、HMSが掲げる「AI技術を誰でも、簡単に、低価格で利用できる世界の実現」に向けて着実に成長をしている印象を受けております。地域金融機関グループとしてHMSが描く世界を共に実現し、地域経済の活性化に貢献したいと考えています。




HMS 代表 胡 振程(HU ZHENCHENG)コメント
研究者、エンジニア、経営者として、画像処理・AI分野に20年以上携わってきました。
教育研究機関と事業会社での、研究・開発の積上げによりAIスマートカメラ『SiNGGRAY』シリーズを世に出すことができ、ファーストプロダクトのAシリーズは有名家庭用ロボットに採用いただき、後継機のStereoPROはキヤノンITソリューションズ株式会社(以下、キヤノンITS社)の自己位置推定システムの対応機種として採用頂いています。日本の基幹産業においては、少子高齢化などの社会情勢の変化から人材確保・育成やサプライチェーンにおいて従前のマネジメントからの脱却が必要とされており、無人化・省力化・生産性向上が喫緊の課題です。だからこそ、FA・DX・ロボティクスは重要な経営課題であり、その変革の一翼を担いたいと考えています。『SiNGRAY』シリーズの新製品開発と既存製品のバージョンアップにてソリューション提供の強化を行いたいと考えています。一方、サービス業や小売業では顧客分析によるマーケティングへの活用や管理業務の省力化など、AI画像解析の活用にはまだまだ伸び代があります。サービス業や小売業、何よりも中小規模の事業者や一次産業では、活用の余地が非常に多くありながらも、事業構造上、コスト面や導入の手間という面から活用に二の足を踏まれる事業者様も少なくありません。AI画像解析を、より簡単に、よりリースナブルにご利用いただくために、スマートクラウドサービス事業では、 画像解析AIプラットフォーム『SiNGRAY NET』からスピンオフして業界・業務特化型のサービスも開発しました。スタートは小売・サービス業向けですが、建設業や物流業などへの展開も目指しています。導入コストが高く、設定が難しいとされていたAIを、自分の手で設定ができ、リーズナブルに、気軽に使える。そのようなAIの民主化の実現したいと考えています。ロボティクスといった近い未来へのイノベーションに向けたデバイス・ソリューション提供から、ユーザーフレンドリーなクラウドサービス作成まで、価値あるAIトータルソリューションを提供していく所存です。





AIカメラを中心としたスマートデバイス事業について
福岡で2018年の創業後リリースした当シリーズは、VSLAMモジュール『SiNGRAY Aシリーズ』 を皮切りに、ロボットピッキング用カメラ、外観検査用カメラ、ARグラスとラインナップを広げ展開しています。各種産業用及び家庭用ロボットや無人搬送車(AGV)、工場内自動検査設備に視覚センサとして使用され、シリーズ累計24,000台以上の販売実績を誇ります。


また、今後活用の幅が広がる自律型ロボットでは、移動や動作において的確な周辺環境情報の取得が必要で、位置姿勢計測と環境地図作成を同時に行うSLAM機能の精度の高さが重要です。『SiNGRAY Aシリーズ』の後継機種『SiNGRAY StereoPro』は、キヤノンITS社が発売開始したVisual SLAMソフトウェア「Vision-based Navigation Software」に対応するカメラモジュール(ハードウェア)として性能を評価され採用に至りました。


『SiNGRAY StereoPro』は、ステレオカメラに加え、リーズナブルなレーザーセンサのToF、カラーセンサー、AIプロセッサ及び、上下前後左右の動きを把握するIMUプロセッサをコンパクトに一体化しています。これらのセンサの一体化(センサフュージョン)により「Vision-based Navigation Software」に必要とされる外光環境への順応性や高速処理・同時処理を実現しています。


さらに『SiNGRAY StereoPro』を活用した開発も行なっており、「3Dセンサと独自開発AIによる3次元認識の複合による配筋検査自動化システム」の開発が、国土交通省「中小企業イノベーション創出推進事業(SBIRフェーズ3基金事業)」に採択されました(交付決定額2.9億円)。

当事業では、当社3Dセンサと独自開発AIによる3次元認識を融合した配筋検査自動化システムの開発を行います。当社がハードウェア・ソフトウェア両面を開発する当システムは、既存の検査プラットフォームとの連携を可能とし、検査の省力化を実現します。それと同時に、建設業界全体の研究/開発基盤である建設RXコンソーシアムに協力を得て、本システムの実用化に向けて実証・普及活動を行います。配筋検査自動化システムでは、組まれた配筋そのものを3Dスキャナで読み込み、ほぼリアルタイムで3Dモデルに変換し、前述の既存検査プラットフォーム内の設計・施工データと照合することで、配筋検査の効率化・自動化を目指します。

鉄筋スキャンのイメージ
スマートデバイス事業では、各種産業のFA・DX・ロボティクスを下支えし、無人化・省力化・生産性向上を実現してまいります。なお、ブランドネームの『SiNGRAY』は、シンギュラリティ(Singularity:技術的特異点)に由来しています。


科学技術の急速な発達により、将来人工知能やロボットなどが人間の知性や能力を超え、社会のあり方や人類の存在意義に大きな変化が生じる転換期であるシンギュラリティ(Singularity)。このシンギュラリティ(Singularity)に光(Ray)をさすような特異性・独自性のある製品にするという想いからブランドネーム『SiNGRAY』を名付けました。


スマートクラウドサービス事業とStoreSenseについて
スマートクラウドサービス事業では、産業DX化及びFA(ファクトリーオートメーション)で培ってきた創業事業のAI画像解析のノウハウを、クラウドとの協働型のサービス『SiNGRAY NET』として開発し、エッジ(端末側/使用現場側)でのAI使用と共にクラウドでのAI使用をSaaSモデルで支援しています。

既存のインターネットカメラ(IPカメラ)を、当社が提供する「Edge Clouding AI Box」と接続することにより、撮影映像から必要な画像を切り出し、クラウド上のAI処理を可能とします。従来のサービスでは、エッジ側もしくはクラウド側のどちらかにAI処理のウエイトを置いたものが多く展開されていました。当サービスでは、エッジとクラウドが相互補完し、両者のメリットが協働するよう構築し、、導入・設定に係る費用及び時間をフルカスタマイズ開発のAIサービスに比べ大幅に縮小しました。また、AWSと共同開発した当サービスはオープンソースのAIモデル活用が容易で、導入時にかかる費用及び時間を大幅に低減し、AI導入のハードルを下げました。


費用・時間のコスト面でAI導入に二の足を踏んでいた業種・業態でのAI使用によるDX及び付加価値向上を目指す『SiNGRAY NET』ですが、より簡単かつリースナブルにご利用いただくために、業界・業務特化型のサービスも開発しました。


このコンセプトでリリースした小売・サービス業向けの『StoreSense』では、顧客属性解析サービスと店前通過から購買までの購買行動分析(ファネル分析)サービスを提供し、最適な店舗オペレーション構築をサポートすることで、「カスタマーエクスペリエンスの向上と来店客数の増加」の実現を支援します。また、レジ待ち解析、遠隔巡視サービス及び欠品通知サービスの開発も進行中であり、これらのサービスを複合化することで、売上・サービス向上から店舗運営の効率化までをワンストップで推進します。


『SiNGRAY NET』における業界・業務特化型のサービスは今後建設業や物流業などへの展開も目指しています。多くの事業で簡単にリーズナブルにAIの活用を可能とすることで、「人がヒトにしかできないクリエイティブなことをできる」社会の実現にチャレンジします。





●会社概要
社名:HMS株式会社(HMS Co., Ltd)
代表取締役社長:胡 振程(HU ZHENCHENG)
事業内容:スマートAIカメラ『SiNGRAY』シリーズの開発・提供
     AI画像処理プラットフォーム『SiNGRAY NET』の開発・運営
     エッジおよびクラウドAIソリューションサービスの提供
設立:2018年9月13日
本社:〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12−12 第5グリーンビル4F
企業URL:https://www.hms-global.com
お問い合わせ:info@hms-global.com●代表プロフィール
胡 振程(HMS株式会社 創業者 兼 代表取締役社長)
2001年に、熊本大学大学院にて自然科学研究科博士号取得後、カナダの画像処理ソフトウェアおよびハードウェアメーカーMatrox社に勤務。
2003年から2015年まで熊本大学大学院自然科学研究科で准教授、2014年にはアメリカのカーネギーメロンCMU大学で客員教授。2015年から2018年は、中国同濟大学客員教授。
また、車載カメラベンチャーを立ち上げ、年間量産130万台まで成長させた後に業界最大手に売却。2018年に福岡にて当社を創立。
20年以上に渡って、画像処理技術、車載センシング技術の研究開発及び、カメラモジュールの設計生産技術開発、海外での大規模製品開発と量産・販売を通じ、先端技術の事業化を行ってきた。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]