【2022年2月開催】プロが教えるGHGプロトコルに基づくCO2排出量計算方法、スコープ1.2.3実践的計算方法セミナー(特別講演)第三者検証/保証取得の方法について

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2022年01月17日(月)
Believe Technology株式会社
企業のCO2排出量(スコープ1.2.3)排出量計算支援をおこなうBelieve Technology(ビリーブテクノロジー)株式会社は排出量計算方法についてのセミナーを開催いたします。

セミナーの第1部では、難解なスコープ3を中心にGHGプロトコルに基づくスコープ1、スコープ2、スコープ3の算定対象範囲、計算方法、集める活動量、実践的な算定スキルを解説いたします。 第2部では算出したGHG排出量について第三者保証/検証を受ける際の具体的方法等を解説いたします。 第3部は質疑応答タイム(CO2排出量計算に関する質問、第三者検証/保証に関する質問)となります。


[重点講義内容]

ESG投資の広がりやサプライヤーへのCO2削減の要求などにより、企業としてCO2排出量削減活動に取り組むことが現在強く求められております。企業がCO2排出量削減活動を行う上でまずはじめにやるべきは「自社のCO2排出量の定量化」です。CO2排出量の定量化はGHGプロトコルに基づくスコープ1、2、3に分けて算出することがグローバルスタンダードとなっており、算定対象範囲は自社の直接排出だけでなく、サプライチェーン全体の間接排出までを対象とします。スコープ1、2、3算定は複雑で理解が難しく(特にスコープ3)、どのカテゴリをどこまで計算すればよいか、どういったデータを集計し、どのように計算したらよいか、など算定に頭を悩ませている担当者が多いとお聞きしております。

Believe Technology株式会社では中小企業から大企業まで幅広くスコープ1、2、3排出量の算定支援をおこなっており、今回実務者の方に向けて『実践的』なCO2排出量計算方法を学んでいただくことを目的としたセミナーを開催する事に致しました。セミナー後半では、算定した排出量について第三者検証機関より検証/保証を受ける際の具体的な方法を、スイスに本拠を置く国際的な検証機関SGSジャパン様をゲストスピーカーとしてお呼びして解説していただきます。

講師:Believe Technology株式会社 代表取締役社長 渡邊 信太郎 氏
   Believe Technology株式会社 取締役副社長  角田 翔太郎 氏
   【ゲストスピーカー】   SGSジャパン株式会社 其畑 裕一  氏

【日時】 2022年2月7日(月)14:00~16:00

【会場】 ZOOMによるライブ配信
    ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可)

【参加費】 22,000円(税込)

第1部.スコープ3を中心としたGHGプロトコルに基づくスコープ1、2、3の実践的計算方法  渡邊・角田【14:00~15:15】

1.基礎知識
・GHGプロトコルについて
・サプライチェーン排出量計算が求められる理由について
・実際の算定事例について

2.排出量計算の手順とDBについて
・具体的な算定の手順について
・排出原単位DBの種類とその特徴について

3. スコープ1、2の算定対象範囲と計算方法
・スコープ1(自社の直接排出)とは
・スコープ1の算定対象範囲
・工業プロセスによる排出の種類
・企業がよく該当する項目と計算式
・スコープ2(電気、熱の使用に伴う間接排出)とは
・スコープ2の算定対象範囲
・GHGプロトコルと基本ガイドラインのスコープ2の違い

4.スコープ3の算定対象範囲と計算方法
・スコープ3(スコープ1、2以外の間接排出)とは
・カテゴリ1(購入した製品・サービス)について
・カテゴリ4&9(輸送配送【上流・下流】)について
・カテゴリ5&12(自社由来・販売した製品の廃棄物)について
・カテゴリ11(販売した製品の使用)について
・カテゴリ2(資本財)について
・カテゴリ3(燃料及びエネルギー活動【上流】)について
・カテゴリ6&7(出張・雇用者の通勤)について
・カテゴリ10(販売した製品の加工)
・カテゴリ8&13(リース資産【上流・下流】)について
・カテゴリ14&15(フランチャイズ・投資)について

※主要なカテゴリは様々な算定ノウハウをご紹介いたします

5.ビリーブテクノロジーCO2算定支援サービスの内容について
・スコープ1.2.3算定支援サービスについて
・第三者検証支援サービスについて


第2部. (特別講演)第三者検証/保証取得の方法について          其畑   【15:15~15:30】

 SGSジャパンにおけるGHG第三者検証概要説明


第3部. 質疑応答                      渡邊・角田・其畑  【15:30~16:00】

CO2排出量計算に関する質問、第三者検証/保証についてご質問をお受けいたします。
お気軽にご質問ください。

【参加方法】

こちらのフォームよりお申し込みください↓
https://forms.gle/xxADkWMQSyrWNEHN9

※参加費のお支払いについては、お申し込み後に請求書を発行させていただきますので、期日(2022年3月末)までに指定の銀行口座にお振り込みをお願いします。

【視聴について】

本セミナーはオンライン配信にて実施をいたします。
インターネット回線が安定した環境下で、PCでご受講できる環境をご用意ください。

【受講上のご案内】

講義はビデオ会議ツール(Zoom)での配信となります。
ご利用されるPCなどへ事前にZoomのインストールが必要です。
受講用URL、受講方法はセミナー事務局より3日前を目安にお送りさせていただきます。ご案内メールがシステムの都合届かない場合がございます。2日前までに届いていない場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Believe Technology(ビリーブテクノロジー)株式会社
メールアドレス:info@believe-technology.com
URL: https://www.believe-technology.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]