2023年下期のネット広告、市場が徐々に回復する傾向を見せる【CCI調べ】

2023年下期はROAS(広告の費用対効果)のポイントが倍増。

CARTA COMMUNICATIONS(CCI)は、「2023年下期インターネット広告市場動向」「これからの広告指標」に関する調査結果を発表した。アンケートに国内のデジタルマーケティング業界の関係者127人が回答しているほか、広告主のキャンペーン費用の規模・推移を調査するツール「CCI 360 Programmatic Display Market Analytics」での分析をもとにしている。

「運用型(ディスプレイ)」「検索広告」がポイントアップ

それによると、2023年下期の広告費は「2023年上期と比べ大きく増加した」11.8%、「やや増加した」22.0%で増加傾向が強い。

運用型ディスプレイ広告市場の状況としては、コロナ禍を抜けてキャンペーン費用が急上昇し前年から倍増している様子が見てとれる。

取引手法別でみると「運用型(ディスプレイ)」「検索広告」がポイントアップしていた。

2023年通期での景況では数値を伸ばした業種が多く、飲料・嗜好品は200%を超えている。なお「マーケティングやキャンペーンの成果・効果・分析・レポートで提供したい指標」については、「ROAS(広告の費用対効果)」が倍近い増加を見せた。

調査概要

  • 【調査対象】広告主、広告会社、媒体社、メディア、プラットフォーマー、テクノロジー・ソリューションベンダー、メディアレップなどインターネット広告市場に関係のある人
  • 【調査方法】メール配布によるアンケート調査
  • 【調査時期】2023年12月4日~17日
  • 【有効回答数】127
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]