【2023年暦年】国内タブレット出荷台数、3年連続の減少で544万台。シェア1位は14年連続でアップル【MM総研調べ】

GIGAスクール構想をピークに、国内タブレットの需要は減少傾向。

ICT市場調査コンサルティングのMM総研は、2023年暦年(2023年1~12月)の国内タブレット端末の出荷台数に関する調査結果を発表した。

国内タブレット出荷台数、過去11年間で最少の544万台

2023年暦年 タブレット端末出荷台数

調査によると、2023年の国内タブレット出荷台数は544万台で、前年比13.8%減。3年連続での減少となり、2013年以降の11年間では過去最少の数値となった。GIGAスクール構想による需要が増加した2020年をピークに減少傾向が続いているが、今後のV字回復に向け、Next GIGAでの買い替え需要に期待が寄せられている。

2023年暦年 メーカー別出荷台数シェア/OS別出荷台数シェア

メーカー別出荷台数シェア1位はアップルで、2010年から14年連続で1位を獲得。2位はNECレノボグループ、3位はマイクロソフトと続いた。OS別では、アップルのiPadOS(290.1万台/シェア53.3%)が1位となった。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]