2023年動画広告市場規模は6,253億円、昨対比112%の急成長。2027年には1兆228億円に【サイバーエージェント調べ】

縦型ショート動画広告は2027年には1,942億円まで成長する見込み。

サイバーエージェントは、デジタルインファクトと共同で、国内動画広告の市場調査を実施した。インターネットを通して配信される「動画広告」の年間広告出稿額を推計し、市場規模予測を算出している。

2023年の動画広告市場、昨年対比112%成長の6,253億円

【デバイス別】動画広告市場推計・予測 2022年-2027年

2023年の動画広告市場規模は、昨年対比112.0%となる6,253億円に拡大した。今後も高い水準の成長を維持し、2024年は7,209億円に、2027年には1兆228億円に達する予測だ。

デバイス別で見ると、スマートフォン向けの動画広告は昨年対比109.7%の5,048億円となり、動画広告需要全体の81.0%を占めた。また、コネクテッドテレビ向けの動画広告は昨年対比137.0%となる740億円にのぼり、市場全体の成長をけん引した。

【広告商品別】動画広告市場推計・予測 2022年-2027年

広告商品別では、大手動画配信サービスにおける「インストリーム広告」の需要が大きく増加。スマートフォン向けに提供される「インバナー広告」の需要も好調に推移している。

※インストリーム広告:動画コンテンツの間に挿入されて表示される広告。
※インフィード広告:サイトやアプリのコンテンツの途中に設置された広告枠を、ユーザーが視聴したタイミングで表示される広告。
※インバナー広告:メディアのバナー広告、ピクチャー広告枠を基軸に表示される広告。
縦型動画広告需要の推計・予測 2022年-2027年

また、縦型ショート動画コンテンツの視聴増加を受け、広告主企業による縦型動画を介したコミュニケーション需要が急増。2023年の縦型動画広告の市場規模は昨年対比156.3%の526億円まで急拡大しており、2027年には1,942億円に達すると予測されている。

※縦型動画広告:大手SNSや動画配信サイトで提供されている縦型のショート動画コンテンツの一部として、縦型画面に最適化されたフォーマットで提供されている動画広告。

調査概要

  • 【調査時期】2023年9月から12月
  • 【調査方法】動画広告市場関係者へのヒアリング、調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、公開情報の収集
  • 【調査対象】動画広告市場
  • 【調査主体】サイバーエージェント
  • 【調査機関】デジタルインファクト
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]