JR東日本で「家賃相場が安い駅ランキング」発表! 乗車人数20万超の巨大駅で1番家賃が安いのは?【LIFULL調べ】

JR東日本管内の大規模駅における家賃相場を調査。

LIFULL(ライフル)は、JR東日本管内での「家賃相場が安い駅ランキング」を発表した。乗車人員が20万を超える駅と10万以上20万未満の駅で、それぞれの家賃相場を調査している。

乗車人員20万以上の駅、家賃が最も安いのは「大宮駅」

2022年度 JR東日本管内 乗車人員数20万以上の駅における「家賃相場が安い駅ランキング」

調査によると、1日の乗車人員数が20万を超える超大規模駅のうち、最も家賃相場が安いのは「大宮駅」で7.4万円。京浜東北・根岸線や埼京線、湘南新宿ラインなどの在来線や新幹線が通るターミナル駅だ。2位は「横浜駅」で8.6万円、3位は「池袋駅」で9.7万円と続いた。

乗車人員数、10万以上20万未満の駅で最も安いのは「柏」高いのは「恵比寿・新橋」

2022年度 JR東日本管内 乗車人員数10万以上、20万未満の駅における「家賃相場が安い駅ランキング」

1日の乗車人員が10万以上20万未満の駅では、家賃相場が安い駅1位は「柏駅」(6.25万円)、2位「西船橋駅」(6.9万円)、3位「船橋駅」(7.0万円)と、千葉県内の駅が上位を占めた。

2022年度 JR東日本管内 乗車人員数10万以上、20万未満の駅における「家賃相場が高い駅ランキング」

逆に家賃相場が高い順に見ると、最も高い駅は「恵比寿駅」と「新橋駅」が12.9万円で同率1位に。以下、山手線沿線の「有楽町駅」「浜松町」「田町駅」と続いた。

調査概要

  • 【調査対象】JR東日本「2022年度駅別乗車人員」ベスト100の駅
  • 【対象物件】LIFULL HOME'Sに掲載された築40年以内、駅徒歩20分以内、専有面積15㎡以上40㎡未満の賃貸物件
  • 【調査期間】2022年7月~2023年6月
  • 【家賃相場】管理費を含む⽉額賃料から中央値を算出
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SLA
サービスをどの程度の品質で提供するのかを定めた契約のこと。 主にASPやS ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]