「電通B2Bイニシアティブ」がデマンドジェネレーション支援「B2Bグローススイッチ」展開開始

電通グループ13社のBtoBに特化した横断組織、戦略設計からシステム導入・制作・運用まで提供

電通、デジタルマーケティング事業の電通デジタルをはじめ国内の電通グループ13社で構成するBtoB(企業間取引)に特化した横断組織「電通B2Bイニシアティブ」は、企業のデマンドジェネレーションを支援する仕組み「B2Bグローススイッチ」を開発し、6月29日に展開を始めた、と同日発表した。戦略設計から各種ツール・システムの導入、制作、運用まで一括提供する。

デマンドジェネレーションは、見込み客の獲得(リードジェネレーション)、同育成(リードナーチャリング)、同絞り込み(リードクオリフィケーション)の総称。デマンドジェネレーションのDX(デジタル変革)戦略を始める企業があるものの、戦略設計なくDXツールの導入やウェブサイトリニューアルなど部分最適施策になっていることから、B2Bグローススイッチを展開する。

B2Bグローススイッチは、現状分析、戦略設計、マーケティングオートメーション(MA)や顧客管理システム(CRM)などDXツールの導入、コンテンツ制作、運用、内製化といったデマンドジェネレーション基盤を整え、全体の最適化を可能にする。BtoBマーケティングの改善点は複雑で分かりにくいとされるため、7つに絞って中長期的に成果を出し続ける改善施策を提供する。

①現状分析・戦略設計②テクノロジー導入・活用③広告運用強化④コンテンツマーケティング⑤ウェブ構築・改善⑥ナーチャリング対策⑦インサイドセールス導入支援--の7つ。これらの解決策をターゲット企業、事業構造、組織構造、商材特性に沿って統合的に提案する。導入を検討する企業向けに「B2Bグローススイッチトライアル」も提供し、フォーム改善施策を行う。

B2Bグローススイッチ全体像
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]