エキサイトが「ChatGPT」など生成系AIを活用した企業のシステム開発支援を提供開始

「顧客体験の向上」「コスト削減」「品質・リスク管理」でサービス開発した知見生かす

プラットフォーム、ブロードバンド、SaaS・DX(デジタル変革)事業のエキサイトは、米国OpenAIが提供する「ChatGPT」やGoogleの「Bard」などの生成系AI(人工知能)を企業のWebサービスや業務システムで活用する開発支援サービスの提供を始めた、と6月6日に発表した。自社におけるAIの研究・開発の知見を生かした。

 

経営管理クラウド「KUROTEN AI powered by GPT-4」や、24時間対応可能なAIチャットボット、ウェビナーの動画からの文字起こしと要約資料の作成など、生成系AIを活用した自社サービスをこれまで開発してきた。①顧客体験の向上、②コスト削減や業務効率の改善、③品質やリスク管理――で生成系AIの知見やエンジニア体制を生かして支援する。

企業の生成系AI開発では、実現性の判断からプロトタイプの開発、リスク範囲の設定、本番システムの設計、開発、運用と最適化まで一連の工程を支援する。生成系AIは従来のシステム開発とは異なるノウハウや技術力が必要で、実現可能性の判断や技術の選定・設計、生成系AIの最適化やプロンプト(指示文)を設計できるエンジニアが不足していた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]