推し活女子の消費スタイル、10代は約4割が「広告やPRからの購入に抵抗なし」【otalab調べ】

10~60代の推し活をしている女性を対象に、スマホでの消費行動を調査。

otalabは「年代別スマートフォンでの消費行動について調査」を実施した。全国10~60代の推し活をしている女性2,715名が回答している。

商品情報をどこで知る? 20~50代は「ネット」10代は「SNS」

スマートフォンを利用して買い物をしたことがありますか?

まず、「スマートフォンを利用して買い物をした経験がありますか?」を年代ごとに聞いたところ、どの年代でも9割以上が「ある」と回答した。

スマートフォン内で商品の情報をどこで知りますか? (3つまで回答可)

続いて、「スマートフォン内で商品の情報をどこで知りますか?」を年代ごとに聞くと、20~50代では「インターネットサイト」が最も多かったが、10代では「Instagram」や「YouTube」が多い結果となった。InstagramやTwitter、TikTok、YouTubeといったSNSにおいては、年齢が若いほど利用されている傾向があった。

商品購入の決め手は「口コミ・評判がよかったから」

商品を知った際、その場ですぐ商品を購入しますか? それとも一度商品についてもっと詳しい情報を収集しますか?

「商品を知った際、その場ですぐ商品を購入しますか? それとも一度商品についてもっと詳しい情報を収集しますか?」と聞くと、どの年代でも9割以上が「商品についてもっと詳しい情報を収集する」と回答した。

商品を購入する決め手として重視するものを教えてください。(3つまで回答可)

商品購入の決め手について聞くと、最も多かった回答は「クチコミ・評判が良かったから」であった。

広告やPRからの購入は、10代では約4割が「抵抗なし」

広告やPR(案件)で商品を購入することに抵抗はありますか?

また、広告からの購入に対して抵抗があるかを聞くと、全体では約7割が「ある」と回答したが、一方で10代では約4割が「抵抗がない」と回答していた。

「抵抗がある」と答えた理由を教えてください。

「抵抗がある」と答えた理由について聞くと、「怪しいと感じたから」が最も多く、2位以下は「信用できない」「詐欺に合いそう」などが続いた。

「抵抗がない」と答えた理由を教えてください。

逆に「抵抗がない」と答えた理由について聞くと、「商品自体が気になったから」「特に気にならないから」といった回答が見られた。

調査概要

  • 【調査期間】2022年11月2日~2022年11月10日
  • 【調査機関】アップデイト(自社調査)
  • 【調査対象】47都道府県在住の10~60代女性
  • 【有効回答数】2,715名
  • 【調査方法】インターネット調査
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]