人気急上昇駅ランキング、「向ヶ丘遊園」「辻堂」よりも大幅ランクアップした駅は?【カカクコム調べ】

都心や繁華街へのこだわりが薄れ、周辺環境や広さを重視する傾向に。
よろしければこちらもご覧ください

カカクコムが運営する不動産住宅情報サイト「スマイティ」は、「2021年版 人気急上昇駅ランキング」を発表した。スマイティに掲載されている賃貸物件について、2020年1月~3月のアクセス数と2021年1月~3月のアクセスを比較し、アクセス数が急上昇している対象駅(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)をランキング化した。

トップ10のうち、都内だったのは2駅にとどまる

それによると、今回アクセス数がもっとも上昇した駅は、「茅ヶ崎駅」(神奈川県茅ヶ崎市)だった。JR相模線・JR東海道本線・JR湘南新宿ラインが乗り入れ、新宿や渋谷へ1時間以内で行ける利便性と、自然が豊かな景観が支持された。生活環境に関するユーザーの点数評価をもとに、市区町村や駅ごとに算出した「住みやすい街指標」でも、茅ヶ崎は高い数字を示している。一方で、家賃相場はやや低めな点も人気につながったようだ。

2位には都内へのアクセスが30分以内と好立地の「向ヶ丘遊園駅」(神奈川県川崎市)、3位には茅ヶ崎と同じく湘南エリアの「辻堂駅」(神奈川県藤沢市)がランクインした。再開発が進みファミリー層やカップル世帯が増えているとみられる。

トップ10のうち、都内だったのは5位「大泉学園駅」(東京都練馬区)、6位「用賀駅」(東京都世田谷区)の2つにとどまる。「かならず都内・繁華街」といった考え方は変わりつつあるようだ。交通の利便性より、周りの環境や広さなどを重視する傾向が強まったことなどが考えられる。

調査概要

  • 【集計方法】スマイティ(PCサイト・スマホサイト)に掲載されている賃貸物件のアクセスデータを基に集計
    ※各賃貸物件のアクセス数を駅ごとにそれぞれ集計、2020年と2021年を比較し伸び率の大きい順にランキング化
    ※ランクアップ数が同数の場合は、アクセス数が多い駅を上位とする
    ※住みやすい街指標・家賃相場は2021年7月12日時点データ
  • 【対象エリア】1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)
  • 【集計期間】2020年1月~3月/2021年1月~3月
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]