CCIがAbemaTV、CINRAとカルチャー系や若年層ターゲットの番組プロダクトを販売開始

動画コンテンツマーケティング支援のオリジナルミニ番組を「ABEMA」番組枠とCM枠で配信
よろしければこちらもご覧ください

CARTA HOLDINGSグループのサイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、インターネット広告のサイバーエージェントやテレビ朝日などが出資するインターネットテレビ局のAbemaTV(アベマティーヴィー)と、カルチャー系Webメディア運営のCINRAと動画コンテンツマーケティング支援の共同プロダクトの販売を始める、と4月14日に発表した。

 

CINRAが企画した3分か5分のオリジナルミニ番組を、「ABEMA」の編成番組枠とCM枠で配信する。カルチャー系や若年層に強みを持つCINRAの企画・制作力と、動画配信サービスのABEMAの集客・話題化力にCCIの販売力を集結する。企業は配信ターゲットの視聴者に質の高いマーケティング効果が期待できる。広告商品はCCIが独占販売する。

 

パッケージに含まれるもの

番組視聴回数を保証し、配信費の中に制作費を含んで予算計画を立てやすくした。最低出稿価格2000万円から番組を1本制作する。「ABEMAビデオ」での見逃し配信1カ月の提供や、「CINRA.NET」で記事コンテンツ配信、公式SNSを活用した誘導を行う。調査会社のマクロミルによるブランドリフト効果分析も提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ネイティブ広告
インターネット広告の表示(内容)タイプの1つ。 一般社団法人インターネット ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]