データ×テクノロジーによる「売らないマーケティング」アスクルが大賞。日経BtoBデジタルマーケティングアワード

日本経済新聞社は「NIKKEI BtoBデジタルマーケティングアワード」を創設。大賞はアスクルが受賞した。
よろしければこちらもご覧ください

日本経済新聞社は、企業のマーケティング活動を評価する「NIKKEI BtoBデジタルマーケティングアワード」を開催し、受賞企業を11月26日に発表した。

「NIKKEI BtoBデジタルマーケティングアワード」は、BtoBビジネスの発展、活性化を目指して2020年に創設された。マーケティング活動を総合的に評価する「アワード大賞」、市場創造や認知活動に重点を置いた「ブランディング賞」、顧客の獲得、拡大につなげる「デマンドジェネレーション賞」を設置。

第1回のアワード大賞はアスクルが受賞し、同時にブランディング賞も受賞。デマンドジェネレーション賞はブラザー販売が受賞した。

2019年1月から2020年9月までに、企業によって実施されたBtoBマーケティング活動を対象とし、49社のエントリーがあった。

アワード大賞・ブランディング賞:アスクル

アスクルが受賞した取り組みは「データ×テクノロジーによる『売らないマーケティング』」だ。コロナ禍で衛生用品の買い占め、転売を防止し、本当に必要としている顧客を特定。優先的に販売するというスキームを3週間で立ち上げた。

受賞したアスクルの執行役員 ASKUL事業本部長 宮澤典友氏は、「新型コロナで市場のニーズが大きく変化した。アスクルだからできることをやろう。だからこそお客様を区別して、あえて売らないというシステムを構築した」と述べた。

審査員長の早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授 内田和成 氏は「社会課題をマーケティングの力で解決した点を高く評価した」と話した。

 (左から) 審査員・音部大輔氏(クー・マーケティング・カンパニー代表取締役)、宮澤典友氏(アスクル 執行役員 ASKUL事業本部長)、審査委員長・内田和成氏(早稲田大学 大学院経営管理研究科 教授)

デマンドジェネレーション賞:ブラザー販売

デマンドジェネレーション賞は、ブラザー販売の「ニューノーマル時代に対応したマーケティング戦略の見直しと実施」が受賞した。審査員のNexal 代表取締役 上島千鶴 氏は「自社の顧客、市場における自社の価値などを明確化し、案件創出(デマンドジェネレーション)までのマーケティング戦略がしっかりとある。さらにマーケティングにおける、売上貢献率まで出している点を高く評価した」と話した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]