トランスメディアGPがアプリとPWAが同時生成・運用可能なプラットフォーム「Appro」提供

同じ管理画面で作成して一括管理・運用、「店舗アプリ」を進化、今後レスポンシブPC版も

アプリ制作プラットフォーム事業のトランスメディアGPは、アプリとPWA(Progressive Web Apps)が同時生成・運用可能なプラットフォーム「Appro(アプロ)」の展開を始めた、と2月10日発表した。アプリとPWAを同じ管理画面で作成して一括管理・運用できる。店舗向け集客アプリ制作サービス「店舗アプリ」を進化させた。

国内で初めてという。PWAは、モバイル端末でウェブサイトを表示する際、ネイティブアプリ(OSで直接動作するアプリ)のような動作を可能にする仕組み。ウェブサイトでありながら、スマートフォン画面にアイコンが容易に追加できたり、プッシュ通知を発信したり、オフラインでスムーズに読み込めるなどの特長がある。

同社は実店舗向けに店舗アプリを提供し、これまでに700社以上、6000店舗以上が利用。顧客の声を受け、会員データとの連携の必要性などからApproの投入を決めた。今後アップデートし、6月にレスポンシブ(画面サイズが異なる機器に応じた表示の最適化)PC版の投入を予定する。将来は「オート集客アプリ」を目指す。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]