「1on1」でもっとも満足度が高まる「話す量の比率」は、自分と相手が「5:5」~「6:4」のとき【ディップ調べ】

1on1での話をしたくなる相手の特徴1位は、「話を否定しない」こと。
よろしければこちらもご覧ください

ディップは、「社会人300人に聞いた、1on1を成功させる秘訣調査」の結果を発表した。1on1経験がある社会人300人を対象に、アンケートを行っている。

「1on1」(1on1 meeting)は、上司と部下が1対1で、週1回など定期的にミーティングを行うという制度だ。新しい人事育成・評価施策として注目され、日本ではヤフーが2012年より導入。ディップ自身も2008年より導入しているという。

上司側はおよそ9割、部下側はおよそ7割が「1on1」にメリットを感じている

まず「1on1にメリットを感じているか」を聞くと、「メリットがある」80%が圧倒的多数。立場ごとに「上司側」「部下側」でわけると、「メリットがある」としたのは、上司側のほうが多い。グラフの比率から、上司側はおよそ9割、部下側はおよそ7割が、1on1にメリットを感じていると思われる。

次に、「1on1でどちらがどれくらい話をしているか」の比率を「自分:相手」の割合で聞いた。「1on1はメリットがある」と答えた人の回答では1位「5:5」22.4%、2位「6:4」21.9%の2つがとくに多かった。逆に「1:9」は圧倒的に低い。一方的に話を聞かされるより、“対等な会話(でもちょっと自分の話を聞いてほしい)”といったスタンスあたりが好まれるようだ。

話したくなる相手の特徴1位は「話を否定しない」

そこで「悩みことや本音を話したくなる人の特徴」を聞くと、「話を否定しない」59.2%、「適切なアドバイスをくれる」49.1%、「相槌を打っている」45.7%が上位となった。「趣味や好きなものが合う」「笑顔を絶やさない」といった部分ではなく、ビジネスの会話ができることが重要なようだ。

調査概要

  • 【調査対象】全国の企業に勤める22~65歳の男女
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2019年12月
  • 【有効回収数】300サンプル
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]