Twitter Japanが合成・悪意を持って操作されたメディアへのポリシー策定をユーザーに協力呼びかけ

コンテンツ・モデレーションの理解しやすさと、グローバルな観点の考慮が不可欠
よろしければこちらもご覧ください

Twitterでは、手が加えられたり捏造された写真や動画など、合成または操作されたメディアに対応する新しいポリシーについて、一般からの意見を募る、と11月13日発表した。Twitterは、コンテンツ・モデレーションについての意思決定を理解しやすくするとともに、グローバルな観点を考慮することが不可欠であると考えている。

意図的に人々を誤解や混乱に陥れようとする、合成または操作されたメディアを発見した場合の、Twitterの対応案の例としては、「合成または操作されたメディアを共有するツイートの横に警告ラベルを貼る」「合成または操作されたメディアを含むツイートを共有もしくは『いいね』を押す前に警告を出す」「合成または操作されたメディアに関する利用者の理解を深めるため、新聞記事やTwitterモーメントのリンクを追加する」となっている。

さらに、合成または操作されたメディアを含むツイートが誤解を招き、利用者の身体的安全を脅かす、またはその他の重大な損害をもたらす可能性がある場合は、それを削除するという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]